DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms_sex2_verdi.jpg

Brahms String Sextet No.2

Verdi Quartett
Hermann Voss (Vla)
Peter Buck (Vc)


hänssler (98.518)



もしも、写真を音楽に変換出来る「写音変換器」を使って、とぼとぼと歩く晩年のずんぐりとしたブラームスの写真を変換したら、このような演奏になるのではないでしょうか(似たようなことが出来るスマートフォンのアプリがあるようです。)。内省的な音楽の内省的な演奏。ブラームスの音しかしないこの曲の理想的な演奏です。派手さや過度の重厚さは一切なく、曲が盛り上がっても音は沈み込み、不器用で切なさすら感じる歌。最初聴いたときは地味な印象を受けましたが、聴けば聴くほど心に浸透していきます。そしてあまりに愛おしくなり心の宝物になる、そんな演奏です。不惑を越え、人生を折り返した私の心をつかんで離しません。

ブラームスの弦楽六重奏曲は1番のほうが有名で人気がありますが、私は内省的な2番をより好みます。2番は以前紹介したライプツィヒSQのカップリングをよく聴いていましたが、ヴェルディSQの演奏は現代的で洗練されたライプツィヒSQの演奏とは対照的です。クレジットを見てびっくりしたのですが、共演するのはヴェルディSQの師匠格にあたる敬愛するメロスSQの二人ではないですか!それを見て演奏の方向性と名演の誕生に妙に納得してしまいました。

例えば一楽章の大好きな第二主題(2:21)。私はここに晩年のブラームスの中の繊細で純粋な少年の心を聴きます。その純粋さに涙を抑えることが出来ません。コーダ(13:03)からは心をえぐる歌が盛り上がっていく様はとても感動的です。
二楽章、(3:24)からのフォルテでも決してわめくことなく、かっこつけることなく、淡々としている中に真実の音があり無類の説得力があります。全く軽薄さがありません。
三楽章、静かな楽章では無類の寂寥を湛えます。盛り上がってから戻ってくるところ(4:51)など白眉でなんて切なく美しいのだろう!
頭でっかち尻つぼみなブラームスの室内楽にあって、この四楽章は聴かせます。

シューベルトでも素晴らしい演奏を聴かせてくれたヴェルディSQ。現代の迷走する弦楽四重奏団とは一線を画した、「演奏」よりも「音楽」を感じさせてくれる数少ない団体として、今後も注目していきたいです。

お買い物『HMV - 弦楽六重奏曲第2番、弦楽五重奏曲第1番 ヴェルディ四重奏団、フォス、ブック, CD, ブラームス(1833-1897), ブラームス』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんにちは

6重奏曲は1番ばかり聴いていました。2番も聴き込んでみます。持っているのは、コチアンQとスメタナQメンバー2人による演奏のCDです。知らない曲のCDを買うときもDokuOhさんの記事を読むべきですね^^

  • 2014/09/21(日) 17:22:42 |
  • URL |
  • kurt #-
  • [編集]

2番

kurtさん

こんにちは。コメントをありがとうございます。

私の趣味はかなり偏っていてひねくれているので、参考程度にしたほうがいいですよ。(笑)でも参考にしてくださって、好みに合う演奏だったら嬉しいです。。ありがとうございます。

  • 2014/09/21(日) 17:31:48 |
  • URL |
  • dokouh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。