DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
thielemann_skd.jpg

久しぶりの投稿です。かなり時間が経ってしまいましたが、先月私の一番好きなオーケストラのシュターツカペレ・ドレスデンと今一番旬な指揮者のクリスティアン・ティーレマンとの演奏会を聴きに行きました。曲はリヒャルト・シュトラウスのメタモルフォーゼンとそして私が心から愛しブルックナーが愛する神に捧げた交響曲第9番。

メタモルフォーゼンはやはりこのオーケストラの弦セクションの美しさが高次元に発揮された演奏でした。なんと美しい音色とハーモニー!日本のオーケストラも演奏技術のレベルが上がりましたが、やはり超えられない壁を感じました。

続くブルックナーは壮絶な演奏でした。所々呼吸が乱れ息苦しくなり、音楽に飲まれるほどでした。何よりすごいのが音圧。ホールが揺れるほどの圧倒的な音でした。所々粘り過ぎなところがあるものの、ゆったりとしたテンポで呼吸の深いブルックナーを聴かせてくれました。二楽章スケルツォのダウンボウや三楽章は粘り過ぎの感がありましたが、そのうち灰汁も取れていくでしょう。忘れもしない2000年11月12日。ギュンター・ヴァント最後の日本公演で同曲を聴いて意識を失う寸前までいきましたが、それに次ぐ演奏でした。現在これだけのブルックナーを聴かせられる指揮者は数少ないのではないでしょうか。

一生の間にあと何回これだけの演奏が聴けるのか。ティーレマンはまだ若いので、今後が楽しみです。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。