DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
scubert_verdi.jpg

Schubert String Quartet No.14 "Death and Maiden"

Verdi Quartett


hänssler (98.546)



「死と乙女」はかくも激しく演奏しなければならないという既成事実を作ったのは、かの有名なアルバンベルクSQの演奏ではないでしょうか。既存のシューベルトの概念を覆す激情的な演奏で、当時、弦楽四重奏はかくもダイナミックな演奏が出来るものだということを証明したエポックメイキング的演奏だったと思います。学生時代に先輩からすごい演奏だと薦められ、「死乙女=アルバンベルク」を刷り込まれました。当時はこれこそが究極と信じていました。

それから早20年。今となってはもう聴くことはありません。言葉はきついですが時に音の暴力にも感じられ、聴き通すのがしんどいのです。シューベルトの伝えたかったのはこのような音楽か?その疑問に答えてくれるのがこのヴェルディSQの演奏です。

全編に渡ってソットボーチェというべき「静粛」が支配しています。一楽章の冒頭が淡々としていてその静けさたるや空恐ろしいほどであり、逆にこれが当時既に梅毒を発病していたシューベルトの絶望を伝えてやみません。ゆっくりした重いリズムと抑制された息の長い歌が、聴き手の心にじわじわと浸食します。

二楽章のチェロの第二変奏のが終わりパウゼの後、第三変奏の冒頭のフォルテ(6:51)もメゾフォルテくらいの音量で、決して叫びません。この楽章のクライマックスの第五変奏(11:07)でも同様です。騒がず慌てず歌を紡ぐ。それがゆえに胸に迫るものがあります。

典型的なのは三楽章の冒頭。アルバンベルクSQ鋭利な刃物のような刺す音でしたが、ヴェルディSQは抑えています。中間部の過剰に歌わない朴訥としてしみじみとした歌は他では得難いものがあります。

四楽章も決して流されず、弾き飛ばさずテヌート気味にひたすら静粛な歌を奏でます。しかし音は大きく激しくなくても音が叫んでおり聴き手の心を打ちます。

以上、アルバンベルクSQを貶めるような書き方をしましたが、あくまで音楽の趣味の変遷であり、また学生時代にはまだシューベルトの音楽に深く共感しておらず、自分の中でシューベルトの音楽像が固まっていなかったのもあるのかもしれません。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集、弦楽五重奏曲、他 ヴェルディ四重奏団(8CD), CD, シューベルト(1797-1828), シューベルト』



↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。