DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms2_jochum.jpg

Brahms Symphony No.2

Eugen Jochum

Wiener Philharmoniker


Altus (ALT072/3)



「玉虫色」というと、日本人的な日和見主義の争い事を避けようとする曖昧な決断を揶揄し、あまりいい意味では使われませんが、実際の玉虫色はそれはそれは美しく、昆虫がこのような美しい翅を持つなど神様は粋なことをしてくれると感嘆します。五年程前に妻の実家に帰省し屋外プールで遊んでいたら、偶然玉虫が飛んできてその美しい姿を見せてくれました。

tamamushi.jpg

何十年かぶりに生きている玉虫を見ましたが、古代装飾品としてしばしば使われたのも納得の美しさでした。しばしその美しさに見とれ、その後あまりの神々しさに畏れ多くて野に放したのを覚えています。

さて、ウィーン・フィルは必ずしも一番好きなオーケストラではありませんが、やはりその響き、特に弦楽器の美しさには抗しがたいものがあります。それは「玉虫色」と呼ぶに相応しい響きではないでしょうか。単色ではなく、光の加減によって自在に七色に輝く。プライドが高く扱うのは難しいそうですが、はまったときは無二の演奏を聴かせてくれます。

ヨッフムにはEMIにロンドン・フィルと残したブラームスの全集がありますが、そちらはヨッフムらしい大らかさがあり、ドラマティックでカロリーも十分、語彙と句読点がはっきりした名演奏でした。そのヨッフムがベームの追悼演奏会として、ベームと共に歩んだウィーン・フィルを振ったのがこの演奏です。ヨッフムの大らかさとウィーン・フィルの美しい玉虫色の響きと繊細さ、そしてブラームスの「田園交響曲」とも呼ばれる牧歌的で明朗な曲の幸せな組み合わせです。

ヨッフムの大らかさをウィーン・フィルの繊細さが埋めているようです。全編において玉虫色の弦の美しさは特筆大書すべきでしょう。ヨッフムの揺らすテンポもウィーン・フィルが見事にアンサンブルを締めており、全てが堂に入ってヨッフムにありがちなやにっこさがありません。一楽章冒頭の低弦の歌い方からやはりウィーン・フィルです。その後ヴァイオリンがメロディを奏で始めると、本当に音がキラキラと七色に輝き始めます。特にその威力が発揮されるのは二楽章でしょう。粘るチェロの歌、続くヴァイオリンも夢見心地の美しさです。また三楽章の木管も最高に美しいです。

四楽章はヨッフムらしい勇壮な演奏です。コーダの低弦の強調は物凄く、初めてCDショップで視聴したときは鳥肌が立ち体が熱くなりました。

残念ながらヨッフムとウィーン・フィルの共演は少なく、録音も数えるほどしか残していません。この演奏を聴く限り、対照的な朴念仁とも言うべき職人肌のヨッフムと、気難しいが艶のあるウィーン・フィルは意外といいコンビなのかもしれません。

お買い物『HMV - ブラームス:交響曲第2番,モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』,フリーメイソンのための葬送音楽 ヨッフム&ウィーン・フィル(1981)  : ブラームス(1833-1897)』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

玉虫

こんばんは

私は子供の頃、昆虫採集が大好きな時期がありました。特に好きだったのは、やはり甲虫です。いわゆるカブトムシやクワガタムシです。で、あるとき、近くの熱田神宮にクワガタがいるというので友達と取りに出掛けました。クワガタは見つけることはできなかったのですが、なんと!玉虫がいたのです。友達が玉虫!と叫んだときは、ドキドキ感で体が熱くなったのを憶えています。結局逃げられてしまったのですが、七色に輝く体にはうっとりでした。そのとき思ったのは、やはりこの虫は捕まえてはいけないのではないかということです。なので、捕まえられなくても不思議と悔しい気持ちはありませんでした。見れたことに感謝したほどです。
そんな玉虫色のブラームス、聴かないわけにはいきません!dokuohさんの記事読んでるとお金がどんどん飛んでいきそうです(笑)

ヴァント&ベルリンドイツ響のエロイカ買いました!大当たりの演奏ですね。今度、ブログに書きます。

  • 2015/03/22(日) 23:53:02 |
  • URL |
  • kurt #-
  • [編集]

罠にはまりましたね(笑)

kurtさん、

いつもコメントをありがとうございます。何年振りかのペースで更新しているときに、頻繁にコメントいただけるととても励みになります。

私も幼少のころは大のこ昆虫好きの昆虫マニア(笑)で、多分に漏れずクワガタとカブトムシを捕っていました。上の息子が昆虫に興味を持っていた時は、家の近くの雑木林によく捕まえに行きました。玉虫は本当に美しいですよね。この演奏は本当に玉虫色のようなキラキラした音がする素敵な演奏です。

さて、ヴァントのエロイカもお買いになったのですね。ついに私の罠にはまりましたね(笑)。

  • 2015/03/23(月) 23:50:33 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。