DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru2_giulini.jpg

Bruckner Symphony No.2

Carlo Maria Giulini
Wiener Symphoniker


TESTAMENT (SBT 1210)



正直に告白すると、私は元ブルオタ(ブルックナー・オタク)である。学生時代はブルックナーを神と崇め、ブルックナー教の布教に努め(笑)、ザンクト・フローリアン教会に行きブルックナーの墓参りをすることを夢見(未実現)、大学オケの演奏会で6番を弾いて二楽章で恍惚としていた。しかし、そんな私でも加齢と共にブルックナーを聴く機会がめっきり減った。もちろん、今でもブルックナーの音楽は神の音楽だと思っているし、ベートーヴェンなどと並んで、人類史上最も尊敬すべき作曲家だと思っている。ただ、妄信的でなくなった。モーツァルト、シューベルトの比重が以前よりも増して、相対的にブルックナーの比重が低くなったのと、最近は音楽に重々しい神の声よりも癒しを求めているからだと思う。それだけ日々疲弊しているということかもしれないが。(汗)
そんな中でも構えて聴かなくていい曲がこの2番だ。ブルックナーの交響曲の中では比較的規模が小さく、ブルックナーらしからぬ美しいメロディーに溢れている。ブルックナーが苦手で、2番なんて聴いたこともないという方は、是非ともこのCDを聴いて欲しい。ブルックナーの交響曲の中で、メロディーが美しく比較的親しみやすいのは、7番とこの2番だと思う。7番と4番はブルックナー入門としても有名だが、この2番が有名でないのは残念でならない。7番同様、一楽章冒頭からチェロが大活躍で、メロディーが美しく、チェロ弾きの私はこの曲を演奏したくてたまらない。それをカンタービレの巨匠、ジュリーニがたっぷり歌ってくれるのだから、悪かろうはずがない。ヴァントのように凝縮させるのとは反対に、豊かに歌うジュリーニの芸風がこの曲にとてもマッチしている。9番だとちょっとくどくなってしまうこともあるジュリーニだが、この曲は文句のつけようがない。
冒頭からなんて美しい音楽なんだろうと惚れ惚れしてしまう。弦楽器の音が本当に美しい。ふくよかで柔らかい音。そして息の長い歌。それでいてブルックナーでは禁忌である甘すぎる音、表現になっていない。また、ウィーン響がベルリン・フィルのようなヴィルトオーゾ・オケには無い、いい意味でのローカルな味を出している。ある意味の詰めの甘さがプラスに働いている。第一主題のチェロの歌!ジュリーニの棒で弾いたら弾いているほうも恍惚となりそうだ。一楽章冒頭のチェロのメロディー、二楽章全体、四楽章のミサ曲3番のキリエ・エレイソン動機、静かに歌う場面ではジュリーニの真骨頂だ。特に二楽章の美しさは唯一無二。溜息が出るほど美しい。

お買い物『HMV - 交響曲第2番 ジュリーニ & ウィーン響(1974)【CD】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。