DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
polyansky_russia.jpg

とてつもない演奏会でした。人生の中であのヴァント最後の来日公演に次ぐ演奏会だっと思います。ロシアの作曲家の曲をロシア人とロシアのオーケストラによる演奏で聴く純ロシア100%の演奏会。チャイコフスキーの後期交響曲3曲全曲というだけでもすごいのに、全てが超弩級の演奏で全ての曲で終わった後は放心状態でした。

ポリャンスキーのCDに聴く抑制が効いた演奏を予想していましたが、いい意味で期待を裏切られました。ダイナミクスレンジが広く、強奏ではまるでシベリアの大地の塊が隕石となって落ちてくるかの如くの衝撃です。一方弦の歌はじとっとしたいい意味で粘り気のある歌。この独特の歌がポリャンスキーです。

まず4番。過去独墺系の作曲家を偏重し、チャイコフスキーを一段低く見ていてその中でもこの曲を低く見ていた自分を恥じる演奏でした。この曲を聞いて呼吸が乱れ息苦しくなり、涙を流したのは初めてです。強奏は単なる物理的な音量だけではなく凄まじい人の意思のエネルギーを伴って聴き手に迫ります。

5番はさすがに4番を弾いた後でスタミナ切れかはじめ集中力が足りなかったですが、尻上がりに良くなり四楽章では震えが止まらないほどの壮演を聴かせてくれました。学生オケで初めて出た演奏会の記憶もよみがえり、涙が止まりませんでした。

6番「悲愴」はすごい。「彼女が背負っているものは重いぞ。共に行くにはこの世界の重みを受ける覚悟がいる。それでも…」私の大好きなガンダムUCでカーディアスがバナージにユニコーン・ガンダムを託す時の言葉ですが、特に四楽章は正に世界の重みを背負ったような演奏でした。三楽章の弾き飛ばさず大地を踏みしめる壮絶な演奏は、基本CDと同様のスタイルですが迫真度が桁違いです。三楽章終わってからアタッカで入った四楽章は一転して深い慟哭の世界。

ポリャンスキーは感極まったのか、悲愴が終わってから一礼もせずに控室に引っ込んでしまいました。その後カーテンコールで何度も呼び出され、最後は八割方も残った聴衆によるスタンディングオベーション。

これだけの素晴らしい実力を持ったポリャンスキーにはまた来日してほしいです。
素晴らしい芸術・音楽に接し、生きている喜びを感じました。また前を向いて生きていこう。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。