DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet9_furt_otaken.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Wilhelm Fürtwangler
The Orchestra and Chorus of the Bayreuth festival


OTAKEN RECORDS (TKC-301)



やはり最初のエントリは伝説の演奏、フルトヴェングラーのバイロイト・ライブを取り上げたい。いくら録音が古くなったといっても、やはり別格に素晴らしい。数ある同演異盤の中で、今年話題のOTAKEN盤を取り上げる。演奏内容は皆さんご存知でしょうし、多くのフルトヴェングラー・ファンの方のサイトがあるので、あえて詳細は割愛させていただく。(数ある同録音異盤の聴き比べはorooroさんのサイトを参考にしてください。私はorooroさんのブログでこのOTAKEN盤の存在を知りました。この情報量の多さ、徹底ぶりには頭が下がります。)
今回一番普及していると思われる初期References盤と聴き比べてみた。OTAKEN盤を聴き始めたときは、やはりLPのスクラッチ・ノイズが気になった。そこは板起こしの限界だろう。ノイズが少ないほうが聴きやすいのは仕方ない。だが、音の厚み(特に低弦)、強音部での破綻の無さはOTAKEN盤がかなり上回っている。References盤は強音部で音が急に窮屈になって、広がりがなくなってしまう。特に四楽章の合唱では、それが顕著だ。二重フーガのところなど、OTAKEN盤で聴いた後だと、話にならないほどReferences盤の演奏が小さく聴こえる。レティタティーボの後、歓喜主題が現れて、弦楽器が高らかに歌い、それに管楽器が続くこの曲で最も感動的な場面ではOTAKEN盤で感動を新たにした。音に厚みがある分えぐりが効いており、聴き手に迫ってくる。
また、今までいくつかのCDを聴いて、一番不満だったのは最後の一音にノイズがかぶっているということだった。プレスティッシモであれだけ登りつめて最後の一音で「グシャ!」となると興ざめだ。OTAKEN盤を聴いてびっくりしたのは、最後の一音にノイズが被っていない。初めて知ったのだがマスターによってはノイズがかぶっておらず、LPからの復刻にはノイズが被っていないようだ。これだけでも幸せな気分になれた。
今一番、気になっているのは伊EMIのベートーヴェン交響曲全集である。テープからの復刻でかつ音がいいとのうわさ。でも、また昔のように同演異盤を集めて散財しそうなので、ここは我慢我慢。
それにしても、いくら没後50年経ち版権が切れたとはいえ、これだけ同じ音源で復刻が相次ぐ演奏家は他にいない。それだけ熱心なファンが多いということだろう。フルトヴェングラーの演奏には麻薬のような力がある。空前絶後の稀有な音楽家であることは間違いない。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

第9特集

取り上げていただきありがとうございます。
「合唱」なら、ぶるろぐの壁男さんが昨年末「第9、100枚」やってました。「ブルックナーの壁」HPにあります。

ブルックナー、マーラー、などという「第9」特集もいいですね。
ジュリーニはそのような「第9シリーズ」録音をしましたね。

  • 2005/12/15(木) 15:11:59 |
  • URL |
  • orooro #4ujULYpo
  • [編集]

いいですねぇ

コメントありがとうございます。壁男さんの第九特集は拝見したことがあります。すごい数ですよね。
ブルックナーとマーラーの「第九」特集も面白いのでやってみたいです。ただ、重い曲ばかりで疲れそうですが・・・。ジュリーニの9番シリーズはどれも名演ですね。ここでもジュリーニのベートーヴェンを取り上げたいと思っています。
ところで、Grand Slamのバイロイトがとても気になっています。また買ってしまいそうな勢いですが、お金がぁ^^;。

  • 2005/12/15(木) 17:23:31 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

いつのまに(^^;

こちらにコメントを書き込むの初めてですね。

「第9、100枚」なんて言ったかなあ。
100枚も聴いてないと思うけど・・・。
う~ん、あの企画は途中で止まってしまってますねえ。昨年は自分でも演奏したので燃えていたのです(^^)ノ

  • 2005/12/22(木) 23:07:43 |
  • URL |
  • 壁男 #-
  • [編集]

遅れましたが、

ブログの方に「リンク」させていただきました(^^)ノ

「バイロイトの第9」は、なんかましな音のするLPが欲しいと思っています。2枚組であるのが最低条件かなあ。

  • 2005/12/22(木) 23:14:13 |
  • URL |
  • 壁男 #-
  • [編集]

リンク張らせてくださいね

壁男さん、こんにちは。コメントありがとうございます。「第9」特別品評会は楽しませていただきましたよ。時間があったら再開してくださいね。
こちらもリンクを張らせていただきますね。

  • 2005/12/23(金) 09:44:30 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。