DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet9_kubelik.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Rafael Kubelik
Chor und Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


ORFEO (C 207 891 B)



数ある第九の中で、これが私の最も愛する第九である。初めて聴いたときはあまりの素晴らしさに、心から感動し、最新の録音でこれだけの演奏が聴けることに狂喜し、初めてフルトヴェングラーの呪縛から逃れられることが出来た。それ以来、第九といえばこの演奏である。クーベリックの第九には、熱さの中に優しさと計算された見通しの良さがあり、熱狂と知性のバランスが取れている。何より素晴らしいのは、響きがとても深く密度が濃いことである。
第九の評価の際、この曲の最高傑作である一楽章を、どれだけ深遠に格調高く演奏してくれるかがとても重要だ。クーベリックはうねるようなフレージングと、何より深遠な響きで、最高の一楽章を聴かせてくれる。全く劇的な表現を伴っていないにも関わらず、スケールが非常に大きい。特に展開部の巨大な威容は言語に絶する。ここまでの演奏はフルトヴェングラー以来ではないだろうか。
二楽章も一楽章と同様に直接的な迫力は無いものの、響きが深い。トリオでの寂寥感、美しさ。
三楽章の美しさ、優しさは一楽章と共に特筆すべきだろう。第一主題の変奏でのヴァイオリンがすすり泣くような表現がたまらない。
そして四楽章。先にも述べたが、私がこの曲で一番好きなのは、低弦のレティタティーボの後に歓喜主題を管弦楽で奏でる部分だ。特に、ヴァイオリンが旋律、チェロが対旋律を奏でるところは最も感動的で、涙無しには聴けない。クーベリックはこの最も感動的なところを最も感動的に聴かせてくれる。だんだんクレッシェンドし、頂点に向かうとき、チェロの対旋律をやや強めに出し、うねる歌が聴き手の心をえぐっていく。大げさかもしれないが、この愛に満ちた歓喜主題を聴くと、心から勇気付けられる。合唱、独唱も見事の一言に尽きる。アレグロ・アッサイの最後の盛り上がり、有名なアレグロ・エネルギーコの入りでの祝典的盛り上がり。さらに凄いのが、二重フーガの盛り上がりだ。ゆっくり目のテンポで雄大に歌われる。コーダのプレスティッシモはやみくもに突進するのではなく、ゆったり構えて雄大に終わる。始めは違和感があるかもしれないが、その威力は圧倒的である。
これだけ素晴らしい演奏が、あまり有名でないのが不思議でならない。クーベリックのライブ録音の中でも出色の演奏だと思うのだが。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 クーベリック&バイエルン放送響(1982年ステレオ・ライヴ)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

クーベリックの第9

これは、Vn両翼配置だったでしょうか?
モントゥーよりも両翼Vnの厚みがあり、強弱のコントラストが整然と大きい演奏だったように覚えています。
クーベリックのライブはオーケストラ崩壊が多い(特にマーラー)のですが、これはそれほど目立たないですかね。

  • 2005/12/16(金) 15:36:13 |
  • URL |
  • orooro #4ujULYpo
  • [編集]

orooroさん、返事が遅くなり申し訳ありません。
はい。Vnは両翼配置です。クーベリックは徹底的に両翼配置にこだわっていたと記憶しておりますが、両翼配置でない演奏ってあるのですかね?あったら聴いてみたいものです。
クーベリックのライブのマーラー、特に9番は痛々しいほど崩壊していましたが、この演奏は問題ないです。

  • 2005/12/19(月) 12:50:31 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。