DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms2_schuricht.jpg

Brahms Symphony No.2

Carl Schuricht
Stuttgart Radio Symphony Orchestra


hänssler (CD 93.143)



「枯れた」=「生気が無い」と捉えて欲しくない、枯れていても、実に純度が高く、充実した至高のブラームスである。この演奏を聴くと、ブラームスは重厚でなければならないという先入観を、いとも簡単に覆されてしまう。音色は明るく、リズムは軽い。響きだけだと、モーツァルトの音楽のようだ。しっかり耳を澄ましていないと、その美しさをうっかり見落としてしまいそうな、「さりげない美」に溢れている。力みや虚飾が一切無く、一音一音丹念に奏でられ、そこに慈愛が満ちている。
一楽章冒頭のD-Cis-Dの低弦の音形から、凡演を突き放している。低弦からホルンに引き継がれるとき、目の前がぱっと開け、明るい太陽の日差しが射し込んでくるようだ。
二楽章の冒頭のチェロも、深刻ぶって過度に繊細にならず、実に素朴だ。滑らかさに欠け、荒さがあるにも関わらず、本当に美しいと聴き入ってしまう。これはシューリヒトでないと出来ない芸当かもしれない。
三楽章の素朴さは、一番だろう。無骨すぎるというほど、洗練されていないが、それが逆に素朴さと暖かさを演出している。「当たり一面光に満ち溢れている」といったら一番近いかもしれない。三楽章はこれ以上の演奏が思い当たらない。
四楽章はいわゆる「爆演」好きには物足りないかもしれない。勢いだけで誤魔化す演奏が多いが、これはそんなことは一切ない。旅行に行くのに、車で高速をすっ飛ばしていては、木々や道端に咲く花々の美しさに気が付かない。ゆっくり電車で行けば、車窓からは、あそこにも、ここにも、目立たないが美しい花々が咲いていることに気が付き、いちいちその美しさに感動してしまうだろう。この演奏はそんな演奏だ。勢いだけの演奏にはない、シューリヒト独特の細かいニュアンスが、実に美しい。最後のコーダをこれほどまで美しいと感じた演奏はこれが初めてかもしれない。
この演奏は1966年の演奏なので、シューリヒト86歳。全く驚異的だ。録音はステレオで極めて鮮明。現在入手が容易なhänssler盤は音を綺麗にしすぎて、シューリヒトの素朴さが半減してしまっている。残念だ。素朴な音質のarchiphon盤のほうをお勧めしたいが、現在入手困難である。

お買い物『HMV - 交響曲第2番、運命の歌、悲歌 シューリヒト&シュトゥットガルト放送響【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

シューリヒトのブラ2

こんにちは。思わずコメントさせていただきます。
このブラ2はすばらしいですよ。もっともっと高く評価されてしかるべき。もしかして数あるブラ2の中のベストかも。廉価VIRTUSOで聴いてそう思うのですから。
シューリヒトの遺言のようでもあります。

  • 2006/02/01(水) 14:30:00 |
  • URL |
  • orooro #EQ13HU5.
  • [編集]

ブラ2のベスト

orooroさん、こんばんは。ご無沙汰しております。お元気でしたか?
コメントありがとうございます。おっしゃる通り、個人的にこの演奏はベストだと思っています。VIRTUOSO盤はノイズが多いですが、素朴さが失われなくて、haenssler盤よりもいいと思います。もっとこの演奏は聴かれて欲しいですね。

  • 2006/02/02(木) 00:35:49 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

archiphon盤で聴いています。
ウィーンフィルとのDecca盤もいいですが、ステレオ録音で聴けるのはやっぱり嬉しいですね。
haenssler盤を買いなおしてみようかと思っていましたが、やめます(^^)

  • 2006/02/05(日) 11:34:11 |
  • URL |
  • 壁男 #-
  • [編集]

壁男さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
archiphon盤を大事に大事にしてください。人類の宝です。haenssler盤は幻滅すること確実ですよ。^^;

  • 2006/02/05(日) 22:21:55 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

シューリヒト/シュツットガルトのブラ2

おっと、またこんにちは!素通りできない記事を見かけましたので。

シューリヒト/シュツットガルトのブラ2の正当な評価をされているコメントに始めて出会いました。嬉しい限りです。小生はブラームスの演奏は全てザンデルリンク/ドレスデン盤が最高と思っていますが、唯一の例外がこれです。2番だけはシューリヒト/シュツットガルトが最高です(むろんウイーン盤では無くですね)。下記拙記事です。
http://harucla.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-2228.html

入手可能なヘンスラーで紹介していますが、実際にはアルヒフォン盤で聴いていますよ。

では!

  • 2008/11/30(日) 07:46:07 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

嬉しいです

ハルくんさん、

こちらにもコメントありがとうございます。
この演奏を評価される方がいてとても嬉しいです。
シューリヒトのブラ2といえば、某U氏の影響でかウィーン・フィル盤ばかり取り上げられますが、この演奏のほうが好みです。実は一緒に収録されているパルジファルの前奏曲も神々しく、そちらも好んで聴きます。

  • 2008/11/30(日) 23:36:29 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

シューリヒト

おはようございます。

U先生の功績は最大限評価していますが、??という評論も多く有るのも事実です。ブラームスには特に多く感じます。ミュンシュの1番などは大キライですし。
シューリヒト/ウイーンも良いですが、ブラームスとしても音楽の深さとしてもシュツットガルトの方がずっと上ですよね。
パルジファルのほうもクナパーツブッシュと並ぶ本当に神々しい演奏だと思います。

  • 2008/12/01(月) 05:55:57 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

UNO

ハルくんさん、

UNO先生は思い込みが強いせいか、一度究極のマイ・フェイヴァリッツと定義するとなかなかそこから抜け出せない傾向がありますね。
ま、人の好みはそれぞれですので、批判する気も権利もありませんが。

  • 2008/12/02(火) 12:13:51 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。