DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru_string5_melos.jpg

Bruckner String Quintet

Melos Quartet

Enrique Santiago (Vla)

harmonia mundi (HMA 1951421)



ブルックナーが残した数少ない室内楽の中で最も有名で、かつ交響曲と比して決して負けていない完成度を誇るのが、この弦楽五重奏である。小さい編成でもブルックナーはブルックナー。ブルックナー独特のオルガンのような響き、ブルックナー・パウゼなど、室内楽でも交響曲と同じスタイルである。ただ、交響曲にある「ブルックナーらしさ」でないものもある。いわゆる「ブルックナー開始」でなかったり(いきなり主題から始まる)、編成の制約から交響曲のような巨大なクライマックスはない。だが、最近はこのブルックナーらしさの欠如が疲弊した体と心には大変心地よく、最近ブルックナーではこの弦楽五重奏を一番聴いているかもしれない。また、最近良く聴くもう一つの理由は、今まで聴いていた演奏と比較して格段に優れた演奏に出会えたのも一因である。前から気になっていたメロスSQの演奏を入手した。メロスSQが仏harmonia mundiに残した録音には一切はずれがない。これさえあれば、ブルックナーの弦楽五重奏は他の演奏がいらないとさえ、今は思っている。
メロスSQのオルガンのような統一感のある、ひんやりした透明な響き、過度の感情移入を避けたストイックな表現がブルックナーに非常にマッチしている。この曲は暖色系の団体では不向きだと思うし、1st Vn主導型のような団体ではこのような名演を成し遂げられないだろう。1st Vnのメルヒャーの歌は突出することは絶対無く、常に他の楽器に溶け込んでいる。
一楽章冒頭の1st Vnよる主題から、他の演奏を引き離しているが、有名な三楽章はこの上なく美しい。至高のアダージョだ。仏harmonia mundiの素晴らしい録音も相まって、とても室内楽とは思えない充実した奥行きのある響きを創出している。このアダージョにはスクロヴァチェフスキーの弦楽合奏版の名演があり、単純には比較できないものの、比肩する美しさを誇っている。1st Vlaによる第二主題は絶美。ああ、ここだけでもヴィオラを弾きたい!他でもVlaの美しさが際立っている。ブックレットからは1st Vlaがフォスか分からないが、これだけ美しいVlaはなかなか聴けないだろう。Vla以外も当然美しい。(9:32)の1st VnとVcとのユニゾンは美しさといったら!
昨年1st Vnのメルヒャーが早世し、メロスSQは解散した。最近になってメロスSQの魅力に取り付かれ、メロスSQの演奏をむさぼるように聴くようになった身としては、なんともやるせない思いである。

お買い物『HMV - String Quintet, Intermezzo: Melos Sq Santiago(Va)【CD】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

お弁当箱の中のブルックナーを堪能し尽くして、もう無くなった。でももう少し何か食べたいと思ったときに、お弁当箱の底の方に残っているおかずの味がいい具合に染み込んでいるご飯粒をかき集めて味わうような、川底に光る宝石のようなこの曲は、ぜひ多くの人に聴いてもらいたい曲だと思います。コンサートでも多くは取り上げられませんけど、当時は結構人気だったようです。この深い世界は魅力ですよね。TB、コメント感謝です。ありがとうございました。

  • 2006/03/13(月) 05:53:39 |
  • URL |
  • yurikamome122 #-
  • [編集]

素晴らしい例えですね

yurikamome122さん、コメント&TBありがとうございます。
誠に素晴らしい例えですね。首を立てに振りながら読んでしまいました。ブルックナー好きはオケ曲好きが多いのですが、本当にブルックナーが好きな人は、この曲も愛しています。もっと聴かれて欲しい曲ですよね。メロスSQ是非聴いてみてください。宝物になりますよ。

  • 2006/03/13(月) 23:52:10 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/83-0dd9d6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シュナイト音楽堂シリーズVol.8 『フィルハーモニーの原点』

シュナイト音楽堂シリーズVol.8 『フィルハーモニーの原点』 06年03月04日(土) 15:00 開演 神奈川県立音楽堂    指揮  ハンス=マルティン・シュナイト  ブルックナー  弦楽五重奏曲(弦楽合奏版)ベートーヴェン  交響曲第5番 ハ短調 ブルックナーの曲は、な

  • 2006/03/13(月) 05:47:53 |
  • yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。