DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bach_org_walcha.jpg

J.S.Bach Organ Works

Helmunt Walcha


DOCUMENTS (223489)


最近、夜家で仕事をしながら音楽を聴くのを楽しみにしている。マンション暮らしで聴く時間帯も遅いため、管弦楽は聴くわけにはいかず、室内楽、器楽曲などをもっぱら聴いている(もっとも、最近は管弦楽を聴く頻度はめっきり減ったので支障ないのだが)。仕事するにあたり、集中力を高め、俗世間と隔絶した世界に自分を放り込みたいとき、一番いいのがバッハの音楽である。それも厳格なバッハ。となると頭に浮かぶのが、リヒターとヴァルヒャだろう。今は、ヴァルヒャのオルガンに心酔している。
ARCHIVに残したモノラル、ステレオ録音のバッハのオルガン曲集は、CDが安くなったといっても高値の花で、有名曲が聴ければいいという浅はかな思いから、ステレオの選集を持つにとどまっていた。多くの演奏家の演奏を聴いたわけではないが、その演奏は、バッハのオルガン曲と言えばヴァルヒャと、反射的に思い浮かぶほど、自分の中では別格の存在になっている。最近、超廉価盤としてDOCUMENTSというレーベルからARCHIVのモノラル録音が発売された。録音年が古いというのもあり、「安かろう、悪かろう」で最初は購入を躊躇していたが、後悔したくないと思い購入。これが大正解だった。
薄学ゆえ詳細は分からないが、オルガンという楽器は楽器の特性上、強弱や微妙なアーティキュレーションを出すことは出来ないはずだ。なのに、なぜこれほどまで他の演奏家と隔絶した、偉大な個性があるのだろう。厳格で強固な構成力、揺るぎのないスケール。とてつもなく厳しい。私情を排し、ただひたすら作品に内包する普遍性を露わにする努力を重ねた結果とでも言おうか。幼くして視力を失うというハンデを乗り越えて、遥かな高みに達した求道者の言葉を聴ける。ステレオ録音よりも、求心力があり、人類の至宝といっても大げさではないだろう。
この全集は有名な前奏曲とフーガ、トッカータとフーガ以外の曲を多く収録しており、バッハの多くの傑作に接する機会を持てた。特に感動したのはパルティータ「ようこそ、慈悲あつきイエスよ」(BWV768)で、コラールの壮麗さには言葉を失った。壮麗さはあのパッサカリアとフーガに負けていない。
録音年代が1947年から1952年のモノラル録音にも関わらず、極上の音質で鑑賞にはなんの支障もない。とても50年前の演奏とは思えないくらい瑞々しい音で、ダイナミクス・レンジも広い。音質もいい上に、こんなに素晴らしい演奏が10枚組で2000円足らずなのだから、これほどコストパフォーマンスがいいCDも珍しいのではないだろうか。家宝として一家に一セット持って欲しい演奏である。

お買い物『HMV - オルガン作品全集 ヴァルヒャ第1回(10CD)(ボックスコレクション)【CD】-バッハ/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

「見えないもの」をみる

こんばんは。笛吹きハンスです。昨日は、コメントありがとうございました。

ヴァルヒャの演奏は、アルヒーフのCDボックスで聴いていました。今見てみたんですが、録音年代が違うみたいなので、お金をためて、ご推薦されたCDも購入したいと思います。

ヴァルヒャは、盲目のオルガニストであったと本で読んだことがあります。光を失ったその目に、彼は何を見ていたのでしょうか。
>遥かな高みに達した求道者の言葉
仰るとおりだと思います。彼は、神を見ていたのではないのでしょうか?

  • 2006/03/18(土) 22:36:24 |
  • URL |
  • 笛吹きハンス #-
  • [編集]

ご存じでしょうが。

こんにちは。ご存じだと思いますが、ヴァルヒャは27歳ころからバッハの鍵盤作品全てを暗譜する偉業に挑戦します。確か42歳の時に達成します。彼の演奏の揺るぎなないバックボーンはこういったところにあるのですね。私は「オルガン小曲集」がお気に入りです。ところでバッハオルガン全作品20枚組3000円ほどで売られたいたのをご存じですか(ヴァルヒャ)ではありませんが。私は2200円(ヴァークシャーレコード)で買いました。Art&Musicからでていました。中身(演奏)を考えると信じられない価格です。装丁も布です。

TBありがとうございました

dokuoh様 こんにちは
TBを頂き、ありがとうございました。
私は、バッハのオルガン曲をきちんと聴くのは、今回が初めてとなるのですが、このヴァルヒャ氏の演奏は、以前より存じて下りましたが、何分高価で手が出ませんでした。
 私のような初心者でも、このお値段なら挫折覚悟でも後悔しないと、購入した次第。これから順に聴いて参ります。知っているオルガン曲が、数曲程度しかないので自信ありませんが、・・・
 それにしてもモノ録でも、全く気にならない素晴らしい演奏と録音、いいBOXですね。

  • 2006/03/19(日) 10:48:15 |
  • URL |
  • みー太 #-
  • [編集]

求道者

笛吹ハンスさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ヴァルヒャには「求道者」という言葉が一番ぴったりだと思います。人間は五感から得る情報の95%を視覚から得るといいます。それを失ってしまった人は必然的に聴覚からの情報が相対的に大きくなると思います。同じ音でもヴァルヒャには違った音に聴こえていたに違いありません。
それにしてもこの演奏を聴くと、小生のような俗物との違いをまざまざと見せつけられて、ちょっと落ち込んでしまいます(苦笑)。精進しないといけないですね。

  • 2006/03/19(日) 22:11:42 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

どなたの演奏でしょうか?

calafさん、いつもコメントありがとうございます。
お勧めのセット、どなたの演奏でしょうか?気になります。ヴァルヒャ以外の演奏を受け付けない体になってしまっていますが、是非視野を広げたいと思っております。情報ありがとうございます。

  • 2006/03/19(日) 22:13:39 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

初コメントありがとうございます

みー太さん、こんばんは。初コメントありがとうございます。コメント頂戴し、とても嬉しいです。
モノラル録音の音質はかなりばらつきがあって、いいものは下手なステレオよりもいいですね。デジタルでも初期のころはやせたひどい録音も多いです。
このセットは長くお付き合いして、大切にしたい演奏です。これからもよろしくお願いいたします。

  • 2006/03/19(日) 22:16:45 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

お知らせ

こんばんは。Wolfgang Stockmeierです。Art&Music 
CD20.15398-58
です。1977年から1981年の録音です。

詳細ありがとうございます

calafさん、詳細ありがとうございます。
ご紹介いただいた演奏は、廃盤のようですが、他のレーベルから選集は出ているようです。探してみます。ありがとうございました。

  • 2006/03/19(日) 22:36:38 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

音格

拝復、ご返事ありがとうございます。ハンスです。
>小生のような俗物
ヴァルヒャさんの演奏をこんなに愛してるDokuOhさんが俗物だなんて。ヴァルヒャさんと通じるお心を持っていらっしゃると思います。
どこかで、音には奏者の人格が反映した音格なるものが存在すると聞いたことがあります。
素人笛吹きですが、恐ろしい言葉です。
DokuOhさんが仰るとおり、ヴァルヒャさんのような音は求道者の音ですね。

  • 2006/03/19(日) 23:41:11 |
  • URL |
  • 笛吹きハンス #-
  • [編集]

俗物です(笑)

笛吹きハンスさん、コメントありがとうございます。
音格とは面白いですね。おっしゃるとおり、その人の個性というのは、面白いほど音に反映されますよね。不器用でもいつも美しい音を出す人、器用でもつまらない音しか出さない人。音を聴くと、その人の性格が大体分かります。ちなみに、小生は前者です。なーんて(^-^)。まだまだ修行の足りない俗物ですよ。

  • 2006/03/20(月) 01:40:53 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/86-14aff4c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

J・S・バッハ作曲、トッカータとフーガ

 今日は、J・S・バッハ作曲、トッカータとフーガ。カール・リヒターのオルガン。 別にバラエティー番組路線を走っているわけではないのだけど、これもバラエティー番組では超おなじみ。 だけどこれを初めて聴いておっかながらなかった人いるのだろうか。音楽室で初めて

  • 2006/04/09(日) 20:22:55 |
  • yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。