DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet_blomstedt.jpg

Beethoven Symphony No.8

Herbert Blomstedt
Staatskapelle Dresden


BRILLIANT CLASSICS (99793)



シュターツカペレ・ドレスデンの魅力が100%出た名演だ。力ずくなところは皆無で、強音部でも絶対に汚くならない。しかし音には迫力があり、力がある。多少ざらついた弦の音も最高で、荒削りの木の表面のようなぬくもりがある。同じ旧東ドイツのオケのゲヴァントハウス管との違いが面白い。金属的で重いゲヴァントハウス管、木質的でふくよかなシュターツカペレ・ドレスデン。コンヴィチュニー、ブロムシュテット、どちらも指揮者の体臭が比較的少なく、目に付く特徴に乏しい演奏だが、充実した音楽を聴かせてくれるという点で同じだ(テンポも似通っていて、各楽章ほとんど同じ演奏時間である)。どちらも素晴らしい演奏で私のお気に入りである。
一楽章はコンヴィチュニー盤のようには重くない。音色は地味だが、どこか晴れ晴れしている。曲を特徴付けているのはやはりティンパニ(名手ゾンダーマン?)だろう。強音での迫力と、迫力がありながら、きつくならない懐の深い音。ティンパニとはオケの中でこうも重要な楽器であるかと認識させられる。ティンパニが活躍する8番では、ティンパニの個人技が堪能できる(もちろん、7番などの曲も素晴らしい)。
三楽章はコンヴィチュニー盤のように音が分厚くならないので、ブロムシュテット盤のほうが聴きやすいかもしれない。
四楽章はさながらティンパニ協奏曲だ。随所でティンパニが大活躍する。コーダは特に凄く、ボコンボコンとティンパニが炸裂する。カロリー満点、お腹いっぱいといった感じだ。しかし、主張しても突出することなく、常にオケに溶け込んでいる。素晴らしい妙技と言えるのではないだろうか。
シュターツカペレ・ドレスデンはこの時期、ブロムシュテットの棒の下で、黄金期を迎えていたのではないだろうか。続くシノーポリ時代は、いまいちピンとこなかった。シノーポリを継いだハイティンクとの関係が長く続かなかったのは、とても残念だ。現在このオケの魅力を引き出せる数少ない人だと思うだけに、惜しまれてならない。

お買い物『HMV - 交響曲全集 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン(5CD)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

オケの職人

Doku0hさん、こんにちは。ハンスです。

現在、このブロムシュテットのCDと、コンヴィチュニーのCDを比較して聴いてます。大変助かります~。ケヴァントハウス盤は、仰るように、金属的できりりとした弦でした。残響が上手くマイクに入ってないのが少し残念です。
DSK盤は、現在聴きこんでます。

ハイティンクは、僕もずっと応援してた指揮者なので、残念でした。こんなことなら、二年前に来日したときのブル8とブラ1聴いておけばよかったです。

DSKと相性がいいのは、他にプレヴィンとC・デイヴィスがいるので、今後の録音に期待してます。

DokuOhサンの記事に触発されました。僕のとこでも、今度、ハイティンク&DSKのブラ1を、オマージュとしてとり上げようと思います。宜しかったら、おいでください。

ベートヴェンの交響曲を守り抜いた、旧東ドイツの演奏に関する、すばらしい記事を有り難うございました。

  • 2006/03/29(水) 17:27:01 |
  • URL |
  • 笛吹きハンス #-
  • [編集]

ハイティンク

笛吹きハンスさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、プレヴィンとC・デイヴィスに期待ですかね。
小生もハイティンク/SKDの来日ライブを聴き逃したのは誠に残念でした。小生もSKDとのブラ1好きです。記事楽しみにしております。

  • 2006/03/30(木) 22:07:43 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

私の愛聴盤レビュー発見!!
というわけで、はじめてコメント寄せさせて頂きます。
このベートーヴェン全集では、とくに7番がすごいと思っています。

ブロムシュテットは昨年、ゲヴァントハウスの演奏を聴きに行きました。
ゲヴァントハウスも、今度はシャイーになりましたね。
先日、フレイレ/シャイー/ゲヴァントハウスのブラームスピアノ協奏曲集を買ってきましたが、だいぶ音作りが変わってきたような気がしました。

私のブログでもこれからクラシックネタを書いていこうと思ってますので、よろしかったら覗いてください。
突如の書き込み失礼しました。

  • 2006/04/01(土) 00:02:29 |
  • URL |
  • キンキン@ダイコクブログ。 #jBFAzqw6
  • [編集]

初めまして

キンキンさん、
初めまして、コメントありがとうございます。
この全集の7番素晴らしいですね。8番同様、ティンパニが物を言っています。小生も全集の中では出色の出来だと思っています。同じように感じられている方がいらして嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2006/04/01(土) 21:00:33 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

こんにちは♪  拙ブログへの TB 、ありがとうございました。

KiKi もこのCDは大のお気に入りで、これを購入したことによって手放したベートーヴェンの交響曲のCDが結構あったりします。  箱も小さめで常にCD保管スペース不足に悩む KiKi にとってはそれも有難かったりして(笑)。 
ブロムシュテッド - シュターツカペレが黄金時代とのお話、全く同感です。  素晴らしい演奏がいろいろありますよね~。  しかもそれが今となるとかなりお手頃価格で聴くことができるのでさらにオイシイ(笑)。  「木質的でふくよか」、素晴らしい表現ですね♪     

  • 2006/05/26(金) 08:42:45 |
  • URL |
  • KiKi #bMLlLu06
  • [編集]

ブロムシュテット

KiKiさん、
こんばんは。こちらにもコメントありがとうございます。貴ブログにもコメントを残すべきでしたが、足早にTBだけさせていただきました。
ブロムシュテット/SKDは名演の宝庫ですね。シューベルト、ドボルザーク、リヒャルト、ブルックナー、そしてこのベートーヴェン。それにしてもこのオケは素晴らしいです。11月にチョンと来日予定です。芸劇でもやるので聴きに行く予定です。

  • 2006/05/27(土) 01:09:10 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/91-4dfe2193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベートーヴェン 交響曲第8番 Op. 93

昨日の嵐は凄かったですね~。  雷がゴロゴロ鳴って(KiKi は雷に弱いんですよぉ ^^;)、横なぐりの雨が窓に当たるさまに、我が家の愛犬のモモちゃんがプルプルと震えておりました。 ′夜明けた今日は快晴。  いや~、気持ちのよい1日になりそうです ^o^  今日はね、

  • 2006/05/26(金) 08:27:08 |
  • 落ちこぼれ会計人の Music Diary
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。