DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet8_norrington.jpg

Beethoven Symphony No.8

Roger Norrington
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart


hänssler CLASSIC(CD 93.087)



私にとってノリントンは不思議な指揮者だ。オーソドックスでも味のある演奏を好む私にとっては、この手の過激な演奏は最も忌み嫌うタイプなのに、ノリントンは違う。ノリントンの音楽にある「真剣さ」や徹底度に共感するのだろうか。自分でもよく分からない。この演奏を「ユーモアがある」との評を見たことがあるが、私にはユーモアよりも、「真剣さ」のほうがこの演奏の特徴ではないかと思っている。伝統的な演奏スタイルではない過激な演奏が「ユーモア」につながるのかもしれないが、本質は音楽に対する「真剣さ」にあるのではないだろうか。
ノリントンの新盤のベートーヴェン交響曲全集の中で、最も激烈だと思ったのが5番とこの8番である。8番はベートーヴェンの交響曲の中ではどちらかというと、「ユーモア」がある曲なのかもしれないが、この演奏は「ユーモア」よりも「真剣さ」が勝っている。まるで真剣を用いて殺陣を演じているような、殺気立った雰囲気がある。
一楽章冒頭からティンパニのリズムが切り込んでくる。
二楽章の速さは尋常じゃない。ベートーヴェンのメトロノーム指定に従うと、この速度になるのだろうが、ワインガルトナーが打ち立てたテンポに慣れてしまうと、初めはびっくりするかもしれない。所々に現れる微妙なデュナーミクが、曲が単調になるのを防いでいるのは流石だ。
四楽章はとにかく凄まじい。まるでマシンガンを撃ちまくるが如く、リズムが切れ込む。その切迫感は凄まじく、とてもワインガルトナーと同じ曲を聴いているとは思えない。コーダでのティンパニの炸裂など過激だが、単なる過激に陥らず真実味がある。最後の一撃の決まり方も素晴らしく、まるで殺陣で最後の一人を斬りつけたようだ。

お買い物『HMV - 交響曲第7番、第8番 ノリントン / シュトゥットガルト放送響(2002年)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。