DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet9_szell.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

George Szell
New Philharmonia Chorus & Orchestra


BBC Legends (BBCL 4155-2)



このブログを長くご覧になっている方はご存知だと思いますが、セルを取り上げるのは初めてです。セルで比較的頻繁に聴くのはOrfeoから出ているウィーン・フィルとの「運命」くらいで、それほどシンパシーがありませんでした。どうもあの完璧無比で詰めがきつ過ぎる音楽が、聴いていてしんどかったのです。しかし、最近その魅力に開眼しつつあります。メカニックな演奏なら数多ありますが、セルの場合はこの完璧無比なアンサンブルが目的でなく手段となっており、現代のただメカニックな演奏とは一線を画しています。ただミクロにアンサンブルを整えているだけでなく、全体の構成が緻密に計算され全体のプロポーションが実に美しいのです。ギリシア神殿のような黄金のプロポーションを持っています。そして音が鋭利なだけでなく、音に質量があり、その音と衝突したときの衝撃は凄いものです。

一楽章再現部冒頭(8:59)、再現部終わり(13:35)、二楽章の(3:29)、そして最後のティンパニの一撃など、もの凄い凶暴な音響で、臓腑をえぐります。しかも単なるこけおどしではなく、無類の真実味があります。いわゆる「爆演」のあざとい演出とは一線を画しています。

セルの芸風だとあっさりしていると予想していましたが、意外とロマンティックに歌っている三楽章。音の線は細いものの、ときにテンポを揺らして情感たっぷりに歌います。(9:56)からわずかにテンポを落として歌う様など、セルの音楽がただ冷徹な音楽でないということを教えてくれます。

四楽章の独唱と合唱は時に叫び声に近いほどテンションが上がっていますが、この熱狂も第九の一つのあり方でしょう。コーダのテンションの高さは尋常ではありません。壮絶なのは最後のプレスティッシモ!フルトヴェングラー以来の凄さではないでしょうか。音の塊が一糸乱れず物凄いスピードで大きな質量を伴って突進していきます。聴衆の熱狂振りも物凄いもので、これだけの演奏を聴かされたら熱狂せずにはいられません。

もっと色々な演奏を取り上げようと思っていたのですが、年末は何かと忙しく、今年の第九のエントリーは二つだけになってしまいました。残りは来年の年末にとっておきましょう。

お買い物『HMV - 交響曲第8 & 9番『合唱』 セル&ニュー・フィルハーモニア(1968)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet9_klemperer2.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Otto Klemperer
Philharmonia Chorus & Orchestra


TESTAMENT (SBT 1332)



やはり第九を聴かないと年は越せません。今年も少なめながら第九を取り上げます。去年は東ドイツ系の演奏を取り上げました。今年は往年の巨匠達のモノラル・ライブ録音を取り上げます。

最近、室内楽では歴史的名盤よりも新しい録音、逆に交響曲では以前のように往年の巨匠達の演奏を求めるという現象が起こっています。気がつくと新録の交響曲はほとんど購入していません。個人的にはクラシック音楽の王道である交響曲でこのような状況は憂うべき状態です。ヴァントなどの巨匠が鬼籍に入り、新録は何とも心もとない状態です。これも時代なのでしょうか。ことにベートーヴェンに関しては全滅というに等しいです。哀しいかな時代が、私が(そしてきっと多くのファンも)求めるようなベートーヴェンを求めていないのかもしれません。

最近、先日取り上げた久しぶりに聴いたクレンペラーのライブ録音をきっかけに、再びクレンペラー熱が高まり、その威厳ある音楽に心酔しています。仕事が落ち着いてあの音楽に向き合う余裕が出来てきたのも一因かもしれません。

クレンペラーの第九は所有しているもので、1957年のスタジオ録音、以前取り上げた同年フィルハーモニア合唱団のお披露目ライブ、TESTAMENTからの復刻を心待ちにしている1960年のウィーン芸術週間ライブ、この1961年のライブ録音とどれも素晴らしく、特に三つのライブ録音はクレンペラーの「第九ライブ御三家」と呼ぶに相応しい素晴らしい演奏ばかりです。
録音年が近いせいか、基本的にこれらの演奏に解釈の相違はそれほどありません。しかしこの演奏のエネルギーの凄まじさは1957年のそれを上回り、一、二楽章などは騎馬隊が刀を振りかざし突進していくかのようです。特に二楽章のティンパニの炸裂は凄まじい。しかもただ突進するだけなく二楽章トリオに見せる懐の深い優しい表情などハッとさせられます。終楽章の合唱が入ってからはテンションが非常に高く、人類愛を高らかに歌うに相応しい。コーダでのクレンペラーお得意の"Diesen Kuss der ganzen Welt!"のスローダウンも一番決まっています。プレスティッシモでの一発一発の打つ込みの激しさも随一。終演後の拍手も物凄く、一緒に「これぞベートーヴェンだ!」と叫びたくなります。

さあ、残るは1960年のウィーン芸術週間ライブです。後二年すればパブリック・ドメインになるので、CETRA盤のデジタル・コピーでもいいので、是非とも良好な音質で復刻して欲しいものです。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 クレンペラー & PO(1961)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms1_klemp.jpg

Beethoven Egmont Overture

Otto Klemperer
Kölner Rundfunk Sinfonieorchester


medici MASTERS (MM005-2)



いきなりクレンペラー教授にガツンと怒鳴られました。「気合を入れろ」と。

二年の長きに渡ったプロジェクトがようやく終わり、事業部の悲願だったチーム立ち上げの重責も果たしました。そんな完全に気が抜けているときにこの演奏に出会い、久しぶりにガツンと打ちのめされたのです。

この二年一人で出かけることは稀で、年に数えるほど。平日はいつも仕事で遅く、週末は家族サービスや仕事に忙しい。CDショップからもすっかり足が遠のいています。先日母の薬をもらいに行くついでに久しぶりにCDショップに立ち寄り、前々から気になっていたこのCDを購入しました。本来のお目当てはジョージ・ロンドンが歌っている「亡き子をしのぶ歌」だったのですが(普通の人はブラームスの1番がお目当てでしょう)、冒頭のエグモント序曲で打ちのめされたのです。
なんと立派で凛々しく内部にエネルギーの漲った演奏だろう!ベートーヴェンの管弦楽など久しく聴いていなかったのですが、久しぶりに「ああ、ベートーヴェンを聴いた」という満腹感を味わい、力が湧いてきました。まるでどんぶり飯をガッツリ食べた後のように。人を鼓舞する力がある音楽、それこそがベートーヴェンです。

クレンペラーは某U氏の影響か、なにかと晩年の演奏ばかり取り上げられることが多いように思います。確かにスケールが大きく素晴らしい演奏ばかりですが、1950-1960年の壮年期の筋肉質で凛々しい演奏も余人をもって代えがたいものがあります。モノラルのスタジオ録音のベートーヴェンの3,5,7番、良質な音質での復刻を心待ちにしている1960年のウィーン芸術週間でのベートーヴェン・チクルスなどその最たるものでしょう。クレンペラーは晩年の演奏だけがいいというステレオタイプで損をしている方々に、是非ともこの演奏を聴いていただきたいです。

序奏からがっしりしていて力がこもっています。インテンポで変な感傷を許さず、音楽の立派さが際立っています。コーダのエネルギーの凄まじいこと!しかし決して半狂乱にならずにしっかり地に足が付いています。

音質が良くて評判のmdediciならではの素晴らしい音質です。とても1955年の録音とは思えません。ステレオ・プレゼンスが加えられていて多少人工臭がしますが、聴き易くなっている分良しとしましょう。

さあ、少し休んでエネルギーを充填したら、気合を入れてまたバリバリいこう。

お買い物『HMV - 交響曲第1番、他 クレンペラー&ケルン放送交響楽団(ライブ盤)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms4_vonk.jpg

Beethoven Symphony No.1

Hans Vonk
Saint Louis Symphony Orchestra


PentaTone (PTC 5186318)



先のブラームスの4番とのカップリング。初めて聴いたときの感想は「やられた!」でした。

何故「やられた!」か?ベートーヴェンの1番は前回のツェンダーの演奏がデフォルトになっており、このような演奏は私の「ベト1演奏辞書」の中には無かったのです。
ここでも相変わらずフォンクは奇を衒わず、丁寧で端正です。フレーズ一つ一つ全くおろそかにせず、全てのフレーズが充実しています。速いテンポで飛ばすのではなく、この音楽をじっくり聴かせてくれます。流麗に流れる爽快な音楽ではなく、内側から湧き出る味わい深い音楽です。しみじみ「ああ、良い音楽だなぁ」と味わうことが出来ます。嗚呼、「良い音楽」とはこういうものを言うのだなぁ。

一、四楽章は飛ばしませんが、フレーズ一つ一つにしっかり表情があります。テンポは速くなくとも音楽は生命力を失わず、情熱に事欠きません。

二楽章の流れの良さと活き活きとした表情も特筆すべきでしょう。

三楽章の「力溢れるメヌエット」というべきじっくり踏みしめるように奏でる力感が最高です。

ここに「良い音楽」の原点を見た気がします。「個性」云々の前にもっと大切なものがあると思わずにいられません。

お買い物『HMV -交響曲第4番、他 フォンク&セント・ルイス交響楽団【CD】-ブラームス/音楽/HMV 』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet16_zender.jpg

Beethoven Symphony No.1

Hans Zender
Rundfunk-Sinfonieorchester Saarbrüken


CPO (999 474-2)



フォンクは一時お休みして、ブログ始めた時に最も書きたかったことの一つ、ツェンダーについて再び書いてみます。次のエントリへの伏線だったりするのですけどね(笑)。

ベートーヴェンの1番は、ベートーヴェンらしさという観点からはまだ個性を確立する前の作品であるが故に、他の交響曲よりも一段低く見られる傾向があるように思われます。私もその一人でした、そう、この演奏を聴くまでは。

ツェンダーのベートーヴェンの1番は唯一無二の演奏で、それまではこの曲に全くシンパシーが無かったのに、この演奏のお陰でその魅力に開眼しました。今のところこれ以上の演奏は考えられません。ツェンダーらしい速めのテンポで畳み掛けるのですが、硬質にならなずに歌が溢れだし、シューリヒト的アプローチでありながら、シューリヒトよりも成功しています。これを聴くとツェンダーの古典への適性を思い知ることができます(モーツァルトも名演)。

一楽章の序奏の歌の豊かさはどうでしょう。ツェンダーの真骨頂はこういったテンポのゆっくりしたフレーズにあります。ただテンポを速くして誤魔化した演奏とは一線を画しています。主部が始まってからの駆け抜けるテンポの良さは天下一品です。テンポが速くなってからも歌心を忘れておらず、ヴァイオリンは豊かに歌っています。硬くならないなんと豊潤な歌!

二楽章の冒頭のヴァイオリンの響かせ方からそのセンスが半端じゃありません。ここをべったりと弾き、のっぺりとなる演奏が多いのですが、程よく弾ませ音楽に生命力を吹き込んでいます。

実質的なスケルツォの三楽章。リズム良さは言うまでもありません。

四楽章は最高!これ以上の演奏は望めません。一楽章同様唯一無二の演奏です。速めのテンポで軽やかに駆け抜ける爽快感!体はリズムを取り熱くなります。軽やかに天を駆け抜ける様は正にシューリヒトのそれに通ずるものがあります。

先の「田園」とこの1番、もう一曲シェリングとのヴァイオリン協奏曲をカップリングしたこの一枚は私の宝物の一枚で、この演奏を紹介した友人達も異口同音に絶賛します。現在廃盤なのが本当に悔やまれます。是非ともなんらかの形で復活させて欲しいと思います。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet_konwi.jpg

Beethoven Symphony No.2

Franz Konwitchny
Leipzig Gewandhaus Orchestra


edel CLASSICS (0002172CCC)



春は希望に満ちていて良いですね。新入生、新入社員。通勤途中の電車の中でも、明らかに人々の顔が明るい。いずれその夢や希望が打ち砕かれるとしても、新しい環境で夢や希望を抱くことは素晴らしいことだと思います。一部では日本も諸外国のように秋入学にするという話も出ていますが、桜をはじめとして咲き誇る花々を見ていると、そんなことは考えられません。

以前はこの季節にベートーヴェンの7番を取り上げました。今年は同様にベートーヴェンを取り上げますが、7番ではなく輝かしいD-durの2番を取り上げます。7番同様、この季節にぴったりの曲だと思います。有名なハイリゲンシュタットの遺書を書いた後とは思えないほど生命力に溢れており、聴いている者に活力を与えます。

コンヴィチュニーがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管と残した素晴らしいベートーヴェンの交響曲全集の中でも、この2番は白眉だと思います。私の中では2番のベストの演奏です。奇を衒ったところは全く無い正統派のベートーヴェンで、重心の低い堂々とした響きで、生命力が漲っています。その生命力たるや、他のどの演奏をも凌いでいます。これを聴いて力が沸かない人などいるのでしょうか。

一楽章。常に決して煽らず、地に足が着いています。それでいながら、その音楽の持つ生命力といったら!テンポを揺らしたり、アッチェレランドしたり変な小細工は不要です。コーダの力強さなど絶品で、このスタイルで音楽にこれだけの生命力を吹き込めるコンヴィチュニーの手腕に脱帽です。

二楽章は表面的な美しさはなく、朴訥としており、素朴な響きに好感が持てます。飾らないことのなんという素晴らしさ!

後の5番にも通じるしつこい四楽章ですが、この演奏は聴いていて体が熱くなります。(5:03)からの突進の素晴らしさ!最高です。ものすごい生命力です。また、音楽は突進していながら決して乱暴だったり下品になっていません。聴き終わった後は全身に力が漲ってきます。よーし!やるぞー!(笑)

社会人11年生の私ですら、春は何だか新鮮な気持ちになることができます。実際の仕事は泥沼にはまっているのですが、心の片隅ではこの春の気持ちを忘れないようにしたいと、この曲を聴きながら自分を戒めているところです。

お買い物『HMV - フランツ・コンヴィチュニーの芸術-1(11CD)【CD】-Box Set Classical/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet16_zender.jpg

Beethoven Symphony No.6 "Pastolare"

Hans Zender
Rundfunk-Sinfonieorchester Saarbrüken


CPO (999 474-2)



意外にもこれまで「田園」を取り上げたとこはありませんでした。再び春らしい曲を取り上げましょう。

ハンス・ツェンダーは現代最高の実力を持つ指揮者なのにも関わらず、今だ「知る人ぞ知る」指揮者かもしれません。私などは「現代のシューリヒト」と呼びたいくらいの実力の持ち主です。その芸風はシューリヒトの自由自在さにロスバウトのドライさを加えたと言えば、当たっているでしょうか。朋友のギーレン同様ドライさばかり強調されるようですが、実際の音楽はそんなことはありません。

10年近く前に「ハンス・ツェンダー・エディション」としてCPOレーベルから発売されたツェンダーの演奏は珠玉の演奏ばかりで、特に古典の作曲家の演奏は唯一無二のものも多々あります。彼は作曲家であり、現代音楽のスペシャリストとして名を知られていますが、私はむしろ彼は古典に適性を示していると思っており、彼の古典の素晴らしさは、シューリヒトを始めとする往年の巨匠達に匹敵する素晴らしいものだと確信しています。
彼のテンポは速めでシューリヒトのそれを彷彿とさせます。ですが、シューリヒトがときに見せる大胆なテンポ操作はなく、基本的にスコアをそのまま音にしようとした演奏です。ツェンダーの素晴らしさはその速めのテンポの中に豊かに溢れる歌にあります。速めのテンポながら決してせかせかしたり硬質にならず、常に自然で歌が溢れています。

一楽章、どうでしょう、この活き活きとした豊潤な歌は!これでこそ「田園」です。テンポが速いと感じません。テンポの良さが音楽に生命力を吹き込んでいます。最後、ヴァイオリンが高らかに歌い上げるところ(7:31)など、涙が止まりません。このツェンダーの演奏を聴くと何度でも涙してしまいます。

二楽章の柔らかく繊細な歌が素晴らしい。これが現代音楽を得意として、一般にドライだとステレオタイプで見られている人の音楽だろうか。最後(11:41)の鳥達の歌声も完璧です。

三楽章ではテンポの良さが非常に奏功して活き活きとした農民達の踊りを描写しています。活き活きとして本当に楽しい。

四楽章、嵐でのソリッドで激しいティンパニの打ち込みなど、効果抜群です。しかし、ただ凶暴な音響にするのではなく、きちんと統制が取れています。五楽章への移行も大変素晴らしく、嵐が去っていく情景が目に浮かびます。

五楽章冒頭の遠鳴りするホルンは、本当に遠くのアルプスの山々から響いてくるようで、その描写が大変素晴らしい。その後の「感謝の気持ち」も繊細に見事に歌い上げています。(8:07)からなど、その優しさに涙を禁じ得ません。これほど繊細で優しい歌を奏でる人を、「ドライ」という一言で片付けられるでしょうか。

数年前、カルロス・クライバーの「田園」が発売されましたが、多くの絶賛の声に非常に疑問を感じました。カルロス・クライバーは好きな指揮者ですし、実演にも接していますが、カルロス・クライバーの演奏は全ていいといった風潮には断固として拒絶します。似たスタイルの「田園」では、断然このツェンダーを聴いていただきたい。すでに廃盤になり手に入りにくくなっていますが、この演奏が埋もれてしまうことは本当にもったいないことだと思います。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。