DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
schubert_sine_nomine.jpg

Schubert String Quartet No.15

Quatuor Sine Nomine


CASCAVELLE (VEL 3115)



音楽が始まると温度が限りなく低い美しい虚無が広がります。決して近寄ってはいけない「絶対零度の美」。安易に近づくと凍りつくほどの恐ろしい世界です。

アウリンSQの演奏はまだ音に温度が多少ありましたが、このシネ・ノミネSQの演奏は絶対零度に近い非常に温度の低い音楽です。それがもたらすなんともいえない恐怖、そして美。この異次元の美、美しい虚無こそこの曲の真実だと信じてやみません。これほど美しく冷たい演奏を他には知りません。シネ・ノミネSQの15番はアウリンSQと並び、同曲最高の演奏と言えるのではないでしょうか。

特に素晴らしいのが一楽章。一つ一つの音が鋭利な氷の刃のようで、それらが空間を切り裂き、その切れ間から冷たい虚無が吹き出す。これがなんと恐ろしいことか!この曲は本当に恐ろしい。(6:05)からは別次元の空間からヴァイオリンの調べに乗り冷気が漂い、続く(7:11)から凶暴な冷たい風が吹き荒ぶ。聴いていると感動して熱くなるというより、体温を奪われ凍えてしまいます。血も涙もない冷美な音楽!

二楽章の歌に愛や憧れは微塵もなく、ただただ、虚無が広がります。(4:09)からは傷つくほど痛い。

四楽章は快速に飛ばさないものの、じわじわと恐怖が迫ってきます。その静的で踏みしめるような表現がもたらす絶大な説得力。

このような音楽に夢中になる自分はやはり病的でしょうか。シューベルトの闇には潜在意識にある人の暗部をくすぐる魔力があります。生を謳歌するのもいいですが、その先にある死を慈しむのも、これまた人の性なのかもしれません。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 シネ・ノミネ四重奏団(5CD)【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
schubert_sine_nomine.jpg

Schubert String Quartet No.14 "Death and Maiden"

Quatuor Sine Nomine


CASCAVELLE (VEL 3115)



以前のアウリンSQの聴き比べ
のときと同様、再び久しぶりにアルバンベルクSQの演奏を取り出して聴いてみました。世間で最高の名盤と疑われずに受け入れられているものです。アルバンベルクSQの演奏の劇的さは、フレーズの前後関係があまりに唐突で不自然であると改めて感じました。また、音の扱い方が雑で所々神経の通っていない無意味な音が散見されます。昔は大満足して聴いていたのですが、アウリンSQ、メロスSQ、そしてこのシネ・ノミネSQを聴くと不満が残ってしまいます。何とも贅沢な話かもしれませんが。このシネ・ノミネSQの演奏はアウリンSQに僅差で次ぐ私の中のベスト盤になりました。

一楽章は劇的で切り込みが鋭く、先の細い鋭利な音で聴く者を容赦なく襲います。しかし、音は決して繊細さを失っておらず、細部まで恐るべき緊張感が通っています。劇的に演奏しているようでも常に作品の真実を見つめる冷徹な目があり、それがこの団体の演奏を特徴付けているのです。あまりに緊張が強いので、聴き終わったあとは茫然自失になってしまいます。

二楽章はもっと劇的に演奏されるかと思いきや、予想に反し控えめにしっとり演奏されています。音のドラマは最小限であり、「動」ではなく「静」が支配しています。初めは物足りなさを感じたのですが、次第にこの「静」が炙り出す闇に心を奪われてしまいました。音楽の振幅は必ずしも感動に結びつかないという好例だと思います。主題提示のさざなみから静けさがあり、非常に丁寧に繊細に美しく奏でられています。デュナーミクも最小限に抑えられ、その振幅の少ないさざなみの中に得も言われぬ無限の想いが込められているのです。第三変奏での静の持つ説得力の物凄いこと!湧き出す恐るべき寂寥感に涙が止まりません。ここはドラマティックに演奏する演奏が多いですが、煽ることなく粛々と闇を炙り出しているのです。このような表現は初めてで衝撃を受けました。第五変奏曲でも同様にインテンポ気味に無慈悲に切り裂いていきます。途中のクレッシェンドも抑えられ、音楽が一番盛り上がるところでも過度に殴り弾きしません。劇的に演奏しなくても恐ろしく聴き手に迫ります。コーダの静けさがもたらす美しさは筆舌に尽くしがたく、ヴィブラートは最小限に抑えられ、どこまでも透明です。美しければ美しいほど切なくどうしようもない気持ちになります。

これだけ緊張感の強い演奏を聴き終わると、心身ともに疲れ果ててしまします。これだけの演奏を行う彼らの集中力に脱帽せずにいられません。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 シネ・ノミネ四重奏団(5CD)【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
schubert_sine_nomine.jpg

Schubert String Quartet No.12

Quatuor Sine Nomine


CASCAVELLE (VEL 3115)



ベートーヴェンは弦楽四重奏第12番で深淵な後期弦楽四重奏への幕が明けましたが、シューベルトも同じ12番でそれ以降の深淵な世界への扉を開いています。それまでの気楽な身内で演奏を楽しむ曲想から、音楽は格段に深くなり、晩年の絶望を垣間見ることができます。シューベルトの肉体が病魔に冒され、死の影がじょじょに忍び寄っていたのも一因なのでしょう。「断章」の名の通りシューベルトは二楽章途中で筆を止めてしまったので、一楽章のみ演奏されるのですが、この一つの楽章だけで演奏されるほど充実した内容を誇っています。冒頭のトレモロなど最後の弦楽四重奏、15番の世界を先取りしています。

この曲では不健康なまでに透明な演奏を好んで聴きます。重要なのは1st Vnでしょう。その歌い方で演奏の良し悪しの大半が決まると思います。押し付けがましくなく、無にも近い透明感が絶対に必要なのです。シネ・ノミネSQの1st Vn、ジュネは技術的にも申し分なく、アウリンSQのリンゲンフェルダー、メロスSQのメルヒャーに十分匹敵する音楽性と技術を持ち合わせています。線が細めで硬質な歌い方で、このようなスタイルだとややもするとヒステリックになるのですが、ジュネはそのようなことは一切ありません。
冒頭からも決して音をむやみに暴力的に響かせずに、その不安定な世界を描出しています。透明感があるがゆえに音楽が深みを増しているのです。
それにしても展開部の1st Vnの美しい歌は溜息が出ます。私はこの展開部が大好きで、氷のように透明で温度の低い不健康な美しさに惹かれてしまうのです。ジュネは、ここで素晴らしい演奏を聴かせてくれます。決して1st Vnが浮き出るのではなく、調和しています。(6:00)からの透明な1st Vnの美しさは何度聴いても魂を氷付けにされていまします。

アウリンSQのリンゲンフェルダー、メロスSQのメルヒャー、そしてこのシネ・ノミネSQのジュネと本当に素晴らしい音楽家だと思います。他の団体の演奏も好んで聴きますが、アウリンSQ、メロスSQ、そしてこのシネ・ノミネSQの透明度の高い美しい演奏があれば、私は満足です。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 シネ・ノミネ四重奏団(5CD)【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
schubert_sine_nomine.jpg

Schubert String Quartets

Quatuor Sine Nomine


CASCAVELLE (VEL 3115)



その名もラテン語で"sine nomine"、「名も無き」弦楽四重奏団。自らを「名も無き」と名乗る団体の演奏はどのようなものか興味がありました。今、彼らの存在を知ることが出来たことに大きな悦びを感じています。
シューベルトの弦楽四重奏曲集といえば、以前紹介したアウリンSQの人類の至宝というべき演奏があり、これを超えるのは容易なことではないと思っていましたが、ついにそれに迫る曲集に出会えました。

「名も無き」と名に冠する通り、自らを無にし謙虚に音楽に奉仕する姿勢が素晴らしく、現代の迷走する弦楽四重奏団とと比べ求心力が桁違いに違います。私が弦楽四重奏を愛するのは、弦楽四重奏団の求道者のような音楽を高める姿勢と、そこから生み出される音楽に心打たれるからなのです。かつてアマデウスSQは、その音楽を高めるため山に篭ったと聞きます。
メロスSQの薫陶を受けたというシネ・ノミネSQですが、弦の音はピンと張り詰め、比較的線が細く、独特の緊張感があります。また、その響きは硬質で温度が低く、透明感があります。この点メロスSQに近いと思います。スイスの団体だからかメロスSQよりはドイツ的な重厚さは減じており、その分より洗練された繊細さが特長です。その現代的な洗練された音が決して機械的にならずに、作品の真実を鋭く抉り出す武器となっています。またアウリンSQよりもエッジが効いており、直接的な迫力があります。

私はシューベルトの演奏では15番の真実を聴かせてくれる団体しか信用しません。アウリン、メロス、ブランディス、ライプツィヒ。私が頻繁に聴くシューベルトの弦楽四重奏は、皆この曲の真実を伝えてくれます。このシネ・ノミネはアウリンに迫る見事な演奏を聴かせてくれます。この曲に潜む真実、「美しい虚無」を見事に音化しています。

つい最近セットとして再発売されたのですが、値段も3000円程度と非常にお買い得です。録音も大変素晴らしく、バランスも臨場感も申し分ありません。アウリンSQの全集が入手しにくくなった今、このセットでシューベルトの闇に引き込まれてはいかがでしょうか。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 シネ・ノミネ四重奏団(5CD)【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
arrau_final.jpg

Schubert Klavierstücke D946

Claudio Arrau


PHILIPS (475 7947)



シューベルトの全てがここにある。生意気書きましたが心からそう思います。救いようの無い深い闇と優しく包み込む慈しみ。すでにこの世とは別の世界を見ていたシューベルトの音楽を、ここまで表現した例はそうあるものではありません。美しくもとても危険な恐ろしい世界が広がっています。自分の存在が闇に飲み込まれ、消えてしまうような恐怖を感じます。音楽を聴いて久しぶりに号泣しました。これがたった一つのピアノという楽器がつくり出せる世界なのか?晩年にここまでの境地に達したアラウに、ただただ頭が下がらずにいられません。
この曲を初めて聴いたのは、去年メジューエワのリサイタルを聴いた時でした。それ以来CDは購入しようと思いつつも購入していません。このCDが初めて買ったCDです。即ち曲の理解が浅く、メロディーの断片が脳裏に残っているだけの状態にも関わらず、一度聴いただけで号泣してしまったのです。こういう経験はそうあるものではありません。
曲の充実度から始めの二曲が特に素晴らしく、シューベルト演奏の最高峰でしょう。

第一曲。第一部の沸くように静かに迫ってくる深い闇。脚を取られそうになる恐怖。アラウの音は切れの良い音ではなく、少し野暮ったいのですが、それが生み出す深みは凄いものがあります。これだけ深い音はそう出せるものではありません。もうテクニックとかとういうことを論じること自体虚しいことだと感じられるのです。
第二部、第三部の深く、全身を包み込むような音。なんという慈愛に満ちているのだろう。ただの美音ではなく、すべての音に慈しみがあるのです。しかもいつもどこかもの寂しい。

第二曲はさらに凄いことになっています。これほど恐ろしい曲、演奏が他にあるでしょうか。
第一部のアラウは優しくささやくように語り掛けてくるようです。しかし、さわやかな憧憬の中に影を感じます。美しくも絶望の霧に包まれています。
第二部は恐ろしい、本当に恐ろしい。不気味に蠢くモチーフ。この音楽に身を浸していると、周りが虚無の宇宙空間に変貌し、そこに落ちていくような恐怖を感じ、体が震え涙が出ます。
第三部はもう虚無しかありません。出口が見えない救いようのない絶望。声高に叫ばないがゆえに聴き手に迫ってくるのです。そして第一部のテーマが戻ってくるところで、胸が引き裂かれそうになってボロボロに泣いてしまいました。なんと痛々しいのだろう!明るい音楽なのにどうしてこんなに切ないのだろう!どうかここを第一部の冒頭と比べてみてください。絶望の純度がはるかに高くなっています。曲調は明るいのにとても儚く、もう痛々しくて聴いてられません。ああ、シューベルト、あなたはどうしてここまで絶望しなくてはならなかったのか。それを想うだけでも涙が出てきます。

もう、これ以上語れません。今日は久しぶりに言葉の無力さを感じました。

お買い物『HMV - アラウ・ザ・ファイナル・セッションズ(7CD)【CD】-ピアノ作品集/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
今日は本当はCDレビューを掲載するつもりだったのですが、そんな気分も吹き飛ぶくらいの飛び切りの演奏に出会い、興奮しながら聴いています。そして久しぶりに音楽を聴きながら号泣しました。

ブログ仲間のcalafさんに以前紹介して頂いて、気になっていた演奏があります。アラウによるシューベルト「3つのピアノ小品D946」です。シューベルトの遺作といわれている曲です。アラウのファイナル・セッションを集めた選集が最近発売され、そこに含まれていたので、早速購入しました。

「HMV.co.jp - ピアノ作品集 - アラウ・ザ・ファイナル・セッションズ(7CD)」

ここには、シューベルトの全てがあります。凄いです。凄すぎます。言葉が追いつきません。聴きながら震えながら号泣してしまいました。

もっと聴き込んでから、近々レビューを掲載しますのでしばしお待ちください。ベートーヴェンは既に聴いていますが、バッハのパルティータなどもとても楽しみです。

calafさん、本当にありがとうございました。こうやってブログで知り合った方と情報を交換して、素敵な演奏と出会えることは無上の喜びです。拙ブログもどなたかの音楽生活を豊かにする一助となっていれば素晴らしいなと思っております。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
klemperer_vpo.jpg

Schubert Symphony No.8(7)

Otto Klemperer
Wiener Philharmoniker


TESTAMENT (SBT8 135)



個人的にはこのクレンペラー/ウィーン・フィルの本命はベートーヴェンの5番なのですが、今回は「勝手にウィーン・フィルの日」への参加エントリですので、よりウィーン・フィルらしい演奏をエントリすることにします。
正直告白するとクレンペラーの「未完成」は面白くないものが多いと思います。スタジオ録音しかり、バイエルン放送響とのライブしかりです。クレンペラーの芸風により音楽が乾きすぎ、この曲の詩情を表現しきれていなく、堅苦しくてつまらないのです。しかしこのウィーン・フィルとの演奏は特別です。終演後に"schön!"「美しい!」という伝説的な掛け声(一説にはクレンペラー自身の声)が収録されています。本当に美しい演奏で「未完成」の上位に来てもおかしくない演奏です。
「未完成」には詩情と虚無が美しく融和していないといけないと思っていますが、ウィーン・フィルが前者を具現化し、クレンペラーが後者を具現化している、ゆえにこの演奏はこの組み合わせだからこそ生まれた名演だといえるでしょう。クレンペラーの格調高く冷たいまなざしをウィーン・フィルのまろやかで香りのある音が包み込む。ウィーン・フィルというオーケストラは本当に特別なオーケストラだと思います。この曲でも冷やかだが香りのある弦の音が奏功しています。この弦の響きに身を浸して凍えてください。冷たい香りをかいでください。
冒頭の低弦からもう温度が下がります。第一主題を奏でるウィンナ・オーボエの魅惑的な響きからウィーン・フィルの世界です。停滞する寸前でゆっくりと前に進み第二主題を静かに豊か歌うチェロとヴァイオリン。かと思えば、その後の身も凍りつくフォルテ!クレンペラーの芸風と、ウィーン・フィルの音が見事に融和されています。再現部の入りに迫り来る虚無!音楽が盛り上がってからは更に恐ろしく、そして刹那的な美を伴っています。美しくも恐ろしい、なんと不健康な音楽!「未完成」にはこの美しい虚無が絶対に必要なのです。このコンビは見事に表現しています。
二楽章の冒頭のヴァイオリンの透明感と寂寥感。第二主題の主題のシンコペーションの冷たい伴奏に乗って奏でられるクラリネットの寂寥感、そしてオーボエ。木管のソロも素晴らしいですが、弦の伴奏の意味深さも特筆すべきでしょう。その後フォルテに転じてからの恐怖。展開部の低弦とヴァイオリンの絡み合いも大変美しく、いったい何を不満に思うかといった感じです。消えてゆく最後など魂を抜き取られそうになります。これだけの演奏だとシューベルトの闇に引き込まれそうな恐怖を抱かずにいられません。

TESTAMENTの復刻盤には残念ながら終演後の"schön!"が収録されていません。DG盤には収録されていたのに残念です。

お買い物『HMV - クレンペラー&ウィーン・フィルBOX(8CD)(ボックスコレクション)【CD】-オムニバス(管弦楽)/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。