DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms24_kempe.jpg

Brahms Symphony No.2

Rudolf Kempe
Münchener Philharmoniker


ARTS ARCHIVES (43014-2)



春ならではの曲第三弾。ブラームスの「田園」とも言われるこの曲を。

ケンペの音楽にはいつもどこか陽だまりのような暖かさがあります。聴いていると日向ぼっこしているような感覚になることがあります。厳しさには欠けるかもしれませんが、その替わりに包み込む包容力があります。CDのレビューなどを見ていると、ケンペの音楽も暖かければ、それを愛するファンの声も暖かいような気がします。

晩年のミュンヘン・フィルとのブラームスは自然で暖かさに満ちた演奏で、特にこの2番と3番は過去の演奏の中でもトップレベルの演奏ではないでしょうか。この2番に関しては、最近はケンペの演奏を一番聴くかもしれません。ケンペの特性が最大限出た気負ったところの無い自然体の演奏で、かつ隅々まで神経が行き届いており、一音一音大切に奏でられています。そして所々うねりの効いた歌がブラームスの心を伝えて止みません。しかもそれが一切恣意的でなく、いやらしくありません。

この演奏は一楽章で最も好きな演奏かもしれません。明るく伸びやかな歌が最高です。晴れた草原に身を置くようです。(2:53)からのチェロの歌の深さ!ここだけでなくフレーズの消え行く様が本当に美しい。少しテンポを落としふっと慈しみながら消えて行く。一番の聴きどころは(13:19)からの共感に溢れた歌で、ホルンの哀愁漂うソロに涙が溢れます。その後の弦の掛け合いも涙無しには聴けません。

二楽章冒頭のチェロから絶美。全ての歌に寂寥感と繊細さが支配し、溜息が出ます。とにかくフレージングが見事で胸が締め付けられます。嗚呼、これがブラームスなんだ。

三楽章は明朗で変に神経質にならないところが好感が持てます。ベクトルは常に外に向いています。

四楽章は生命力に溢れています。しかし力みはいっさいありません。最後の生命力溢れる賛歌も最高で体が熱くなります。

ケンペの自然体な音楽は地味かもしれませんが、何度でも聴きたい、長く聴きたいと思わせてくれます。日常の食卓に並ぶ家族と食べる温かい食事といった趣でしょうか。

さて残念ながらケンペやシューリヒトの演奏を多数復刻していたScribendumが解散し、ケンペの名演の数々が手に入りにくくなってしまいました。本当にCDは生もので、気になったらすぐに購入しないといつ廃盤になるか分からないです。だから散財が止まらないわけですが・・・。

お買い物『HMV - 交響曲第2番、第4番 ケンペ&ミュンヘン・フィル【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms3_kna.jpg

Brahms Symphony No.3

Hans Knappertsbusch
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart


DISQUES REFRAIN (DR-930048)



実はプライベートでストレスフルな日々が続き、12月の始めに去年と同様体を壊していました。ここ最近になってようやく体調が戻り始めたほど、心身ともにダメージを受けていました。傷ついた心と体を少しでも癒したい、そう思いふと手が伸びたのがこの演奏です。それから何度となく聴きました。
クナはブラームスの3番を得意にしており、録音も8種残っています。私もそのうちの5種を所有していますが、その中でも一番聴くのが最晩年のこのシュトゥットガルト放送響との演奏です。この演奏はクナのブラームスの3番の中で最も内省的で影があり、かつ包容力のある演奏ではないでしょうか。この曲に関してだけは他の指揮者が束になっても敵わない、遥かな高みに達しています。

この演奏を「グロテスク」、「巨大」、「個性的」という言葉だけで片付けてしまうのは、なんという錯誤。確かに上記特徴も持っていますが、この演奏は限りなく「繊細」で限りなく「優しい」のです。それこそこの演奏の本質ではないでしょうか。そっと優しく包んでくれる包容力があります。いったいクナッパーツブッシュという人はどれほどの包容力を持った人物だったのでしょうか。この音楽を聴くとその人柄に思いを馳せてしまいます。

一楽章冒頭の巨大な音楽にも驚かされますが、その後に繰り広げられるなんとも深々とした繊細な優しい音楽に、もう涙が止まりません。呼吸は限りなく深く、心をゆるやかにえぐっていきます。展開部は海の底が深く、振幅が広く波長の長い波のようです。

二楽章、三楽章にはもう言葉に表せられないほどの限りない優しさがあります。この演奏に触れると他の演奏が全く受付なくなるほどの感動があります。この二つの楽章はずっと涙に濡れて聴かなければなりません。
二楽章はもう冒頭から涙でボロボロになってしまいます。なんという優しさに満ちているのだろう!中間部のうねりなどいったい誰がこんな表現が出来るでしょうか。

三楽章の冒頭のチェロからどうしようもない寂寥感を湛え、繊細で優しいのです。底に流れる寂寥感の量でこの演奏に勝る演奏はないのではないでしょうか。

四楽章は巨大ですが、その巨大さは決して威圧的ではなく、包み込む大きさなのです。全身を包み込み、体全体に降り注いてくるエネルギーを享受する。人間は精神的に不安定なときは生理的に知らぬ間に呼吸が浅くなりますが、この巨大な音楽にあわせ呼吸を合わせ深い呼吸をすると心も大きくなるような気がするのです。

まだまだ矮小で未熟な自分が、クナの懐の深さと大きさに惹かれ、惚れてしまう。男が男の優しさに抱かれてもいいではないですか。母性とはまた違った安堵と癒しがそこにはあるのです。

この演奏はhänsslerから正規盤として発売されましたが、ステレオ・プレゼンスが加えられ、全く別の音になってしまって感動が薄くなっているのが残念です。

お買い物『HMV - 交響曲第3番、ハイドン変奏曲 クナッパーツブッシュ&シュトゥットガルト放送交響楽団【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms_sex1_leip.jpg

Brahms String Sextet No.1

Leipziger Streichquartett
Hartmut Rohde (Vla)
Michael Sanderling (Vc)


MDG (307 0969-2)



今日は久しぶりに寒いと感じました。さあ冬も間近。今日もブラームスの室内楽です。前回に続きライプツィヒSQの素晴らしい演奏を紹介したいと思います。

この曲は若書きということもあり、青年ブラームスの溌剌としたイメージが強いのではないでしょうか。私のお気に入りのシュトゥットガルト・ソロイスツの演奏もそのような演奏でした。しかしこの演奏は青春よりも人生の晩秋を感じさせる大人のゼックステットです。最初は物足りなさを感じましたが、今ではこの演奏の味わい深さがかけがえの無いものになりました。
シュトゥットガルト・ソロイスツの演奏が青春を謳歌する若者達の音楽であるなば、このライプツィヒSQの演奏は孤独を愛する大人の音楽です。ライプツィヒSQは各声部が決して声高に主張せずに、各楽器は美しくブレンドされます。音は硬くならず、ふっくらと程よく空気を含んで品が良く、しっとり内省的に奏でられます。

一楽章からもう大人の音楽です。一番盛り上がる展開部の(9:32)からも過剰に熱くなりません。音量も控えめで情熱を前面に出しません。しかしこの味わい深く伸びやかな音楽はいったいなんでしょう!この演奏の味わい深さに慣れてしまうと、過剰に演出した演奏が聴けなくなってしまいます。恐らくこれはこの団体の楽器のバランスによるところが大きいのでしょう。他の団体と比べると全体のバランスの中で常に1st Vnが弱めです。曲によって仇にもなるのですが、しかしそれがこの曲では奏功し、中声部寄りのバランスが味わい深さを助長しています。

二楽章。冒頭の主張しすぎないヴィオラからいったいなんという哀愁があることか!そしてそれに続くしっとりしたヴァイオリン!この楽章に持っていたステレオタイプを見事に打ち砕いてくれます。長調に転じてからはもう信じられない美しさの限りです。最後の最初の主題提示が戻ってきてから終わりまで、哀愁漂う深々とした歌に涙が出ます。

決して上滑りしない、落ち着いた歌に溢れた三楽章も最高です。

この曲も例外でない頭でっかち尻つぼみのブラームスの室内楽では、概して前半に飛ばすと四楽章が必要以上に小さくなり興味を削がれてしまうのですが、この演奏は全楽章のバランスが素晴らしいです。(1:28)のユニゾンの歌の美しさなどハッとさせられます。

来週誕生日を迎えますが、こういう演奏が身に染みるようになったとは私もずいぶんと枯れてきたものです(苦笑)。この深煎りのコーヒーのようにしみじみした味わい深さに心奪われます。秋の夜長に一人のゆっくりとした時間を楽しもうではないですか。

お買い物『HMV - String Sextet.1, String Quartet.3: Leipzig.sq, Rohde(Va)m.sanderling(Vc)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms_sex2_q1.jpg

Bramhs String Quartet No.1

Leipziger Streichquartett


MDG (307 1281-2)



ブラームスはさぞかし苦しかったでしょう。巨人ベートーヴェンが目の前に立ちはだかり、常にそれに対峙しなくてはならなかったのですから。ベートーヴェンの巨峰、九つの交響曲を前に、交響曲第1番を作曲するのに20年かけたことは有名です。そして、弦楽四重奏でもベートーヴェンは16曲の偉大な作品を残しました。ブラームスはここでも八年の歳月を費やしています。
流石に八年の歳月を費やし、それまでに多くの作品を破棄しただけのことはあり、ブラームス最初の弦楽四重奏曲は交響曲第1番のような技巧的に隙の無い、完成度の高い曲になりました。駆け抜ける劇的な一、四楽章、ブラームスらしいロマンティックな緩徐楽章、この曲が曲の完成度に比べて知名度が低いのが不思議でなりません。弦楽六重奏や五重奏などのベートーヴェンが作品を残さなかった曲にある、ブラームスの開放された前向きさに比べ、彼の苦悩が前面に出てしまうからでしょうか。

この曲の虜になったのはライプツィヒSQの演奏を聴いてからです。ライプツィヒSQは最近のお気に入りで、ブラームスの室内楽にとっておきの名演の数々を残しています。この団体はその名の通り、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管のメンバーが結成した団体です。「ライプツィヒ・ゲヴァントハウス」と聞くとあの重く重厚な音を連想しそうですが、実際はイメージよりも音はすっきりしていて透明感があり、暗めの奥行きのある音色がブラームスにはぴったりです。

この曲を重々しく演奏するとその苦悩が増幅され、余計に聴いているほうが息苦しくなります。その点ライプツィヒSQは立ち止まることなく疾走していきます。うねりを伴いながら駆け抜けていきます。そう、必要なのはこの「うねり」であって「重厚さ」や「劇的さ」ではないのではないでしょうか。「うねり」があれば過剰な演出はいりません。

一楽章冒頭から速めのテンポで疾走します。逆にそれが生み出す物凄い説得力!決して大げさな表現でないにも関わらず、音が叫んで聴いている者の胸を締め付けます。この胸の締め付けこそがブラームスの音楽です。(5:40)からの各楽器の掛け合い、コーダ(8:45)からの切迫感など、直接的迫力がないにも関わらず真実味があります。

二楽章も良く歌います。振幅は大きくないものの、透明ですすり泣くような歌に胸が締め付けられます。ブラームスの音楽はこんなにも透明感のあるものだったかと。各楽器が喋るように対話しながら見事に絡み合います。

三楽章トリオなどどこか遠鳴りするようで、明るい曲調にも関わらずどこか哀しみを湛えています。

四楽章冒頭の悲痛でも品格を失わない美しいユニゾン!音を叩きつけないがゆえに余計に哀しみが胸に入り込んできます。(2:48)からやコーダも安易に突進しません。それが物足りない人もいるかもしれませんが、この演奏は静かに語ることの素晴らしさを示してくれます。

今日は急に寒くなり、ようやく秋らしくなりました。やはり秋の夜にはブラームスの室内楽がよく似合います。今夜もブラームスに胸を締め付けてもらいことにします。一年の中に少しだけしみじみする時期があってもいいではないですか。

お買い物『HMV - String Sextet.2、弦楽四重奏曲.1 ライプツィヒ四重奏団、Rohde(Va)、Bruhns(Vc)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms_tragic_schuricht.jpg

Brahms Tragic Overture

Carl Schuricht
London Symphony Orchestra


BBC LEGENDS (BBCL 4213-2)



過去に聴いたロンドン響の演奏の中で、これほどに深い響きを引き出した演奏を他に知りません。常任指揮者だったクリップス、モントゥー、ケルテスといった錚々たる面々も及びません。いや、ロンドン響だけでなく、管弦楽でこれだけ深い響きを出せるのも稀で、シューリヒトの演奏の中でもトップを行く演奏ではないでしょうか。これだけ深い響きを出せるシューリヒトはやはり稀有な芸術家だったと思わずにいられません。
この演奏は以前DISQUES REFRAINという海賊盤で出ていて、初めて聴いたときに激しい衝撃を受けました。この音はいったいどこから響いてくるのか?その先に黄泉の世界が広がっているかのような信じられないほど深い響きに驚愕しました。その後も数枚の海賊盤で発売されたようですが、このたびようやく正規盤としてBBC LEGENDSから発売されました。

このシューリヒトによる悲劇的序曲の響きは、「重い」のではなく「深い」のです。ただ分厚く重い響きを鳴らすだけがブラームスではない。生命をもったように生々しく、急流の深みのように深い響き。喋るように歌うヴァイオリン、蠢く低弦。ここでのシューリヒトはインテンポ気味で過剰にオケを煽ることは一切しません。瞑想するかの如くじっくりオケを鳴らします。それが生み出す恐ろしいほどの説得力!フォルテでの音圧はさほどありません。シューリヒトは決して大音量で表面的な音響効果を狙うのではなく、その「意味」によって聴き手を圧倒します。
アンサンブルとしては弱い点があるのですが、金管が弱いとかヴァイオリンの音程が合っていないとかそんなものを論じるのが馬鹿馬鹿しくなります。

第二主題が現れる前、(2:14)からの弦のシンコペーションに乗ってオーボエが奏でるところなどこの世の響きとは思えない深い音が圧倒します。続く第二主題の歌の素晴らしさは筆舌に尽くしがたく、これだけ意味深い第二主題は他では聴いたことがありません。その後の(3:56)からの壮絶さ!地底から死人が唸り声を上げているような低弦!
コーダの悲痛さは涙無しに聴けません。体をズタズタに切り裂かれそうになります。凶器にもなり得そうななんという壮絶な響き!

正規盤の音質はノイズリダクションしすぎたせいか、少し海賊盤よりもシャリシャリ感が強く、深い響きが多少失われているのが残念ですが、それを堪能するのに十分です。

お買い物『HMV - レーガー:ヒラー変奏曲、ブラームス:悲劇的序曲 シューリヒト&LSO、ベートーヴェン:大フーガ ボールト&NPO(ステレオ)(ライブ盤)【CD】-Orchestral Concert/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms_davis.jpg

Brahms Academic Festival Overture

Sir Colin Davis
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


BMG CLASSICS (82876 60388 2)



「大学受験ラジオ講座」、通称「ラ講」。テキストが書店で販売されていて、ラジオで講義を聞く。今のNHKの英会話講座のようなシステムの大学受験版がかつてありました。民放で放送されながら43年も続いたというのだから凄いと思います。全く古き良き時代でした。教育が資本主義のロジックに飲み込まれてしまった現代からは考えられないシステムです。人から強制されて勉強するのが大嫌いで、自分のペースでないと勉強しない、予備校や塾通いが大嫌いな根が自由人の私も高校時代お世話になりました。(現役では受験に失敗し、その後浪人して勉強せずにせっせと毎日CDショップに通う日々が始まるわけですが・・・)
閑話休題。「大学祝典序曲」、通称「大祝」。「ラ講」のテーマに「大祝」の第二主題が使われていたことは御存知の方も多いでしょう。その「ラ講」で使われたイメージが先行したのか、それとも元々ブラームスが名誉博士号を授与されてお礼に作曲したエピソードからか、新学期や学生にまつわる場面でこの曲が使われることが多いですね。この曲を聴くと、やはり学生時代を思い出します。
私の周りでは、同時期に作曲された「悲劇的序曲」のほうが圧倒的に人気があるのですが、私は「大祝」が大好きです。天邪鬼なのでブラームスは暗くないといけないのか?と反論したくなります。ブラームスらしいユーモアに溢れたなんと楽しい曲!聴いていてウキウキします。
デイヴィスの「大祝」。これが実に素晴らしく、私の最も好きな演奏です。熱くなりながらも常に最良のバランスを保っており、響きも分厚い。熱気に溢れていて、響きに真剣味があり、決して雑に浅はかに響かない。穏やかな曲調では歌心に溢れている。単なる序曲と片付けるにはもったいない名演です。最後の第二主題がトランペットにより高らかに奏でられてからの躍動感、高揚感は大変素晴らしく、聴いていて体が熱くなります。これを聴いて熱い日々を思い出さずにいれらましょうか。ああ、もう戻らない青春の日々。曲が終わると遠くを見つめてしまいます。

これを聴くと久しぶりに大きな夢を抱いていた熱き高校時代を思い出しました。さて、久しく資格の取得などのために勉強していなかったので、何か始めてみますか。

お買い物『HMV - 交響曲全集、協奏曲集 デイヴィス&バイエルン放送響(5CD)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms_davis.jpg

Brahms Piano Conterto No.2

Sir Colin Davis
Gerhard Oppitz
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


BMG CLASSICS (82876 60388 2)



週明けから久しぶりに強い憂鬱感に襲われ、仕事もあまり手につかない状態でした。父の手術の後も色々あり、精神的に疲れていたのでしょう。クレンペラー/ウィーン・フィルの続きを書くのはしんどく、ちょっと横道にそれていました。(「のだめ」で誤魔化していました^^)
この間何の曲を聴いていたか?それはブラームスのピアノ協奏曲第2番です。聴いたのはこの曲だけです。お気に入りの演奏二種を交互に聴いていました。ブラームス苦手な私がなぜここまで聴きこんだのか。自分でも不思議なくらいです。とても心に染みてきました。イタリアを旅行したとき着想したといわれる明るい響きが、疲れた心を過度に侵食しないからでしょうか。程よい湿度と粘度とロマンティシズム。今ブラームスで一番好きな曲はと聞かれたらこの曲を選ぶかもしれません。
そのうちの一つがこのサー・コリン・デイヴィス/オピッツの演奏です。この演奏は私が再びこの曲を聴くようになったきっかけの曲です。この曲の名演といえば誉れ高いベーム/バックハウスの名盤があり、私がこの曲と出合ったのもこのベーム/バックハウスの演奏でした。しかししばらくして聴かなくなりました。時は何年も経ち、デイヴィスのブラームス全集を購入し、改めてこの曲の素晴らしさに開眼しました。
全集の中の交響曲もそうですが、デイヴィスの指揮は正に中庸で、これといった特徴はありません。しかし響きが大変充実しており、バイエルン放送響の明るいくすんだ銀色の音色と共に素晴らしい演奏を聴かせてくれます。このような演奏が胸に染みるようになるなんて、年を取るのも悪くありません。
オピッツのピアノは宝石というよりも、宝石の原石のようで、透明感の中にもゴツゴツとした感触があります。音も非常に美しい。構成もがっしりとしていて強固で「ドイツ正統派」と呼ばれる所以でしょう。それがブラームスにぴったりです。
冒頭からホルンに応える深々としたピアノの音。この懐の深さに癒されます。オピッツのピアノは過度に感情に流れされることなく、がっしりとした構成の中にほのかにロマンティシズムを香らせます。管弦楽が入ってからは深く分厚い音が素晴らしく、これはデイヴィスの面目躍如でしょう。ただ分厚いだけでなく、ほのかに暗く哀愁が感じられるのです。また一楽章は名脇役ホルンが随所で活躍しますが、このホルンが素晴らしい。悠久のホルン。特に展開部の終わりから再現部の冒頭など涙が出てきます。
二楽章のアパッショナートは冒頭から痛切で心に突き刺さります。深い音の管弦楽と訴えかけるピアノ。
チェロ協奏曲と揶揄される三楽章。チェロの渋めの硬質な音も素晴らしい(首席奏者のヤン?)。その後のピアノも実に深々としています。管弦楽も優しさに溢れていて、幸せな気分になります。
四楽章はややもすると軽くなりがちなのですが、デイヴィスの乱痴気騒ぎにならない適度な熱さと、深い分厚い響きがそれを防いでいます。ベーム/バックハウスの演奏を聴いたときはここまで熱心に聴かなかったように思います。

このセットは収録されている全ての曲が素晴らしく、是非とも一家に1セット持っておいて欲しいセットです。他の曲はいずれ紹介したいと思います。

お買い物『HMV - 交響曲全集、協奏曲集 デイヴィス&バイエルン放送響(5CD)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。